Moto2 category

モト2テスト第2日目:レディング、使い回しエンジン好調

モト2『1位レディング、2位イアンノーネ』




ヴァレンシア・テスト第2日目が午後5時で終了した。
昨日同様、寒さのため午前中は気温上昇を待ってボックス待機となったものの、相変わらずタイムシート(非公式)のトップはスコット・レディング選手(Marc VDSチーム)となった。レディング選手はカレックス機ともチームとも相性が良いようで、使い回しエンジンでもシーズン中に『Geo Technology』より供給されるエンジンと大差ないと言うことを示している…これと言った特殊な措置をしていなくてもだ。
レディング選手の1分35秒6と言うのは確かに最高タイムで、10日前にデ・プニエ選手がCRTアプリリア機で出したタイムよりわずか0.7秒遅いだけ。そして、カレル・アブラハム選手のコースレコードからは0.1秒速いのである。




レディング選手を追うのはイタリア人ライダー2名、アンドレア・イアンノーネ、クラウディオ・コルティの両選手だ。また、シモーネ・コルシ選手(イオダ・レーシング)が5位をマークし、これで上位5位以内にイタリア人選手が3名入ったわけである。このうちコルシ選手だけが唯一、マシンを変えずFTR機に乗り続けている。イアンノーネ選手の方はスピードアップ機へと戻り、コルティ選手も新たにしたカレックス機にすぐに信頼を寄せているようだ。ベスト10にギリギリ入れなかったアレックス・デ・アンジェリス選手は初めてのスッター機で、特にセッティングに重点を置き、
「トップグループとはまだかけ離れているけど、うちのボックスには穏やかな空気が漂っていて、スゴいことだと思ってます。
こう言う天候だと、良い仕事をするしかないですから。」と話す。
イタリア勢の最後尾は、昨年、スーパーバイク世界選手権を24位で終えモト2クラスへと戻ってきたロベルト・ロルフォ選手で、やはりスッター機を駆る。

本日の転倒は、ポル・エスパルガロ(チーム・ポンス)、ティート・ラバト、アクセル・ポンス、ヨハン・ザルコ、エリック・グラナード、マルコ・コランドレア、そして、シモーネ・コルシ。

第2日目タイムシート(モト2)

1. Scott Redding (Kalex) 1’35.6 (giri 59)
2. Andrea Iannone (Speed Up) 1’35.8 (giri 40)
3. Claudio Corti (Kalex) 1’36.1 (giri 48)
4. Thomas Luthi (Suter) 1’36.3 (giri 30)
5. Simone Corsi (FTR) 1’36.3 (giri 30)
6. Bradley Smith (Tech 3) 1’36.5 (giri 52)
7. Mika Kallio (Kalex) 1’36.8 (giri 54)
8. Angel Rodriguez (FTR) 1’36.8 (giri 42)
9. Max Neurkirchner (Kalex) 1’37.2 (giri 67)
10. Randy Krummenacher (Kalex) 1’37.5 (giri 55)
11. Alex De Angelis (Suter) 1’37.5 (giri 51)
12. Toni Elias (Suter) 1’37.6 (giri 51)
13. Mike Di Meglio (Speed Up) 1’37.6 (giri 50)
14. Nicolas Terol (Suter) 1’37.7 (giri 60)
15. Johann Zarco (Motobi) 1’37.7 (giri 34)
16. Xavier Simeon (Tech 3) 1’37.7 (giri 62)
17. Gino Rea (Moriwaki) 1’37.8 (50 giri)
18. Takaaki Nakagami (Kalex) 1’37.8 (giri 66)
19. Yuki Takahashi (Suter) 1’37.9 (giri 57)
20. Alexander Lundh (MZ-RE) 1’38.4 (giri 45)
21. Dominique Aegerter (Suter) 1’38.4 (giri 67)
22. Rattahapark Wilairot (Moriwaki) 1’38.6 (giri 61)
23. Damian Cudlin 1’39.4 (giri 44)
24. Roberto Rolfo (Suter) 1’39.7 (giri 61)
25. Elena Rosell 1’40.1 (giri 52)
26. Eric Granado (Motobi) 1’40.3 (giri 20)
27. Marco Colandrea (FTR) 1’42.3 (giri 19)
S.T. Pol Espargaro (Kalex) (giri 65)
S.T. Esteve Rabat (Kalex) (giri 75)
S.T. Axel Pons (Kalex) (29 giri)
S.T. Julian Simon (FTR)

第2日目タイムシート(モト3)

1. Sandro Cortese (KTM) 1’41.3 (giri 52)
2. Alberto Moncayo (Kalex-KTM) 1’41.4 (giri 42)
3. Danny Kent (KTM) 1’41.5 (giri 56)
4. Hector Faubel (Kalex-KTM) 1’41.8 (giri 34)
5. Miguel Oliveira (Honda) 1’41.8 (giri 61)
6. Zulfahmi Khairuddin (KTM) 1’42.4 (giri 33)
7. Jack Miller (Honda) 1’42.9 (giri 55)
8. Louis Rossi (Honda) 1’43.1 (giri 34)
9. Danny Webb (Mahindra) 1’43.2 (giri 30)
10. Brad Binder (Kalex-KTM) 1’43.3
11. Niccolò Antonelli (Honda) 1’43.5
12. Efren Vasquez (Honda) 1’43.8 (giri 25)
13. Alex Marquez (Honda) 1’44.5 (giri 44)
14. Arthur Sissis (KTM) 1’44.5 (giri 55)
15. Toni Finsterbusch (Honda) 1’44.8 (giri 33)
16. Adrian Martin (Honda) 1’45.2 (giri 32)
17. Jonas Folger (MZ) 1’45.3 (giri 67)
18. Alexis Masbou (Honda) 1’45.4 (giri 55)
19. Giulian Pedone (Oral) 1’45.8 (giri 15)
20. Jacub Kornfeil (Honda) 1’46.3 (giri 44)

S.T. Maverick Viñales (Honda)
S.T. Niklas Ajo (KTM)
S.T. Jasper Iwema (Honda-FGR)
S.T. Luigi Morciano (Ioda)
S.T. Riccardo Moretti (Mahindra)
S.T. Romano Fenati (Ioda)
S.T. Alessandro Tonucci (Ioda)
S.T. Luis Salom (Kalex-KTM)
S.T. Ivan Moreno (Honda)
S.T. Isaac Viñales (Honda)
S.T. Marcel Schrotter (Mahindra)
S.T. Kenta Fujii (Honda)
S.T. Alan Techer (Honda)


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事 Gpone 2012年02月09日



おっ、中上選手と高橋選手が並んでますねぇ!



風邪引かないでね!ケガしないでね!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP