MotoGP

V.ロッシ『タイヤ1組しか使わなかったんで…』

モトGP『ロッシ:改革は不要』




嘆きのランキング…カタールの照明の下で行なわれた第1回フリープラクティスで、ヴェレンティーノ・ロッシは10位へと押しやられてしまった。首位ストーナーとの差は1秒440。
その前を行くニッキー・ヘイデンは3位を刻み、バルベラ『サテライト』もわずか0.002秒差とは言えロッシ選手の上を行っているのだ。心外なる結果の理由の一部に、本日のロッシ選手の作業予定があげられる…パフォーマンスそのものよりも特にレースの方に集中したのだ。
タイヤ1組しか使わなかったんですよ。うちにあるのの中で一番ハードなやつを、テストの間ずっとね。」と、ロッシ選手が言う。

この順位は予想してましたか?
「正直に言うなら、どんな予想ができるのか分からないままこうなりました。」

新ブリヂストンタイヤはどんな感じでしたか?
「良い仕事をしてますね。早く暖まるようになって…安全面にとって良い事ですよね。その代わり、数ラップでかなり劣化してきて、滑り出すけどね。

その点はけっこうな問題になりますか?
「そうですね。そうなってしまうと、もう思ったように曲がれなくなるんで、タイムが落ちてゆきますね。」

ヘイデン選手が好タイムを出してましたね。
「悪くなかったですね。ソフトタイヤを有効利用してましたけど、うちにとっては良い兆しですね。つまり、マシンのポテンシャルは高いってことですよ。」

どの点に苦労されてたのですか?
「うちは今日、ゆっくり周ってみて…取り除く部分がけっこうありますね。特別に手を入れる必要は一切なくて、今あるものを練り上げて、電系システムを万全にするだけなんですけどね。

コースは最高の状態ではなかったわけですが…それが良くなれば助けになりますか?
「全員にとって助かるでしょうね…他のマシンに近づけるかどうか見てみなければね。」

最速スピードに関しては、ドゥカティはトップ陣に入っていますね。
「ポジティブな点ですね。去年はそれもダメだったわけだから。」

(下記リザルトはクリックすると拡大します)



(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年04月05日



ちなみに伊TVモトGP解説者グイド・メーダがFP終了直後にツイートした各選手コメントがこちら。

Ros:”nn so che setting usi Hayden.il passo degli altri è difficile da capire.Solo gomma dura.Dopo un po’di giri scivola.Elettr da sistemare”
《ロッシ:へイデンがどのセッティングを使ってたのか知らない。他の選手のペースがどうしてああだったのか理解しがたい。ハードタイヤのみだった。ちょっと周ったらスリップして。電系システムは調整要》

Hayden:”io ho problemi dietro. Rossi credo davanti. Presto per dire che la Gp12 è ok. Bel motore”
《ヘイデン:自分はリアに問題有り。多分、ロッシはフロントに有り。つまるところGP12はOK。エンジン良》

Stoner”Come inizio nn è male. Però le gomme qui per me nn sono adatte. Anche col setting più duro son troppo morbide”
《ストーナー:出足としては悪くない。ただ、此処だとタイヤが自分に合わない。もっとハードなセッティングでもソフトすぎる。》

Pedrosa:”abb usato per buona parte del turno una gomma difettosa. Le abb cambiate entrambe ed è migliorata. Era un po’tardi”
《ペドロサ:セッション中、良い瞬間にはキズものタイヤを使っていた。両方変えたら良くなった。ちょっと遅すぎた。》



あぁ…ペドロサ選手、しゃっきりしてね!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP