MotoGP

バルベラ負傷、ずさん救急搬送にまたもや批判


先日のフリー走行第1セッションで転倒したエクトル・バルベラ選手…
約1ヶ月前、トレーニング中に左足を骨折しラグーナセーカ戦は棄権、で、今回は無理を押しての参戦だったんですが…
そのせいもあるのか…非常に痛そうな転倒であります…


では、まず、その転倒事故についての記事からいってみますね。

『インディFP1:バルベラ入院』

motograndprix-barbera.jpg ★インディアナポリスGPフリー走行第1セッションで、プラマックチームのエクトル・バルベラ選手が転倒。

★ラグーナセーカ戦前に脛骨および腓骨を骨折し、復帰後の初参戦となっていたのだが、今回の転倒で第5・6・8脊椎を骨折。

★軽度の骨折であり、今回のレースを棄権するだけで済む模様。

★以前の足の骨折には影響なし。

★事前より待機していたトニ・エリアス選手が、その後を引き継ぐ予定。

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:MOTOGRANDPRIX 2012年08月17日記事より抜粋]


で…残念ながら、同ニュース…これだけでは済まなかったんですよ…
ここ最近は毎回と言う感もあるんですが…またもやマーシャルの救急対応が問題になっております。

『バルベラ:1ヶ月療養、救急処置が問題視』

bikeracing-barbera.jpg ★インディアナポリス・モーター・スピードウェイの第16コーナーで、エクトル・バルベラ選手が転倒。

★今回のレースの他、2〜3戦欠場になる可能性もあり。

★ファンがネット上に公開した同選手の救急搬送時の写真(記事下の掲載)が議論の的となっている。事故直後、同選手を搬送しているのは医師とマーシャル。

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:bikeracing.it 2012年08月18日記事より抜粋]


で、その写真と言うのが、スペイン『MARCA』紙サイトに掲載された、こちらであります。

marca-barbera2.jpg marca-barbera.jpg


この救急搬送に関しては「まるでジャガイモ袋を運んでるようだ」と、イタリアの方でもかなり批判的でして…
見出しだけ拾ってもこんな感じです。

Indy: dilettanti in “soccorso” a Barbera
Gpone『インディ:バルベラに素人救急処置』

Se questi sono soccorsi
Motosprint『これが救急処置だと』


で、ちょっとき気になるツイートを見かけましてね…スペイン人記者さんのなんですが…

《去年、セパンで、マーシャルの対応の悪さに1万5千ユーロの罰金が科せられた。
インディアナポリスも同じことになるかな?》


これって、やっぱり、シモンチェッリ選手の搬送の話なんでしょうかねぇ…


ちなみに、バルベラ選手の方は事故後、以下のようにツイートで様子を報告しております。

《やあ、みんな。現在、病院にいる。今、脊椎3ヶ所のTAC検査をするところ…》


barbera-twitter.jpg

この後、励ましメッセージ等への感謝の言葉や、現在の心境、その後の容態など連投ツイートがありまして、最後に…

《インディアナポリス空港へ向かっているところ。兄と義姉に感謝。これから帰宅だ…》


barbera-twitter2.jpg

本当にお大事にクリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP