MotoGP

『茂木GPで復帰できそう』ストーナーが明かす


茂木GP…いよいよ来週に迫ってきましたが、ついに確かな手応えがでてきましたね、ストーナー選手の復帰!!
ご本人がレプソルの公式ブログで明かしたってことなんで、んじゃ、まず、それから行ってみますか。

『茂木で復帰』

repsol-stoner.jpg 『やあ、みんな!

オーストラリアで、またもやのんびりした1週間でした。静養して、理学療法士と少々、快復に向け医師の指示に従ってました。
良い知らせは、茂木戦に出られる感じなことで、来週はチームと合流する予定です。トラックに戻るのがもう楽しみで、楽しみで!
今週はバサーストのV8レースを観に行く予定で、ラッキーなことに去年も観に行けたんだけど、まったくもって今年の一大モータースポーツ・イベントの1つだね。だから、今年も行けてもの凄く嬉しいよ。
このブログに寄せられた暖かなメッセージに感謝してます。ホンダのホームのファンの皆さんが見守る中、茂木で復帰するのが楽しみです。
それでは来週、会いましょう。

ケーシー 』

[日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:Repsol 2012年10月03日記事より抜粋]


まぁ、まだ本人の感触だけなのか…
いや、しかし、ホンダのコマーシャル&マーケティングディレクターことリヴィオ・スッポ氏も似たような手応えを感じてるようですぞ。

『ストーナー:目標は日本』

gpone-suppo-stoner.jpg ★ホンダのリヴィオ・スッポがケーシー・ストーナーの復帰についてコメント
「ケーシーは茂木で走ってみたいようだ。どの程度その可能性があるかは分からない。今週、オーストラリアで予定されている最終検査待ちと言うところだが、我々としては走れるだろうと信じている。
ジョナサン・レイは良い仕事をしてくれたし、今週末はWSBのレースがあるのだからそっとしておいてあげたい。仮にケーシーが走れなかったとしても、最初から彼を代役に使っているのだから規則上は問題ないだろう。それに日本で…しかもホンダのホームレースなのだから別の代役も簡単に見つかると思う。」

★チームオーダーについて
「ホンダはそう言うことを好まず、2006年もペドロサ選手にチームオーダーを出されていない。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年10月02日記事より抜粋]


あぁぁ〜そうねぇ〜ストーナー復帰となれば、自動的にチームオーダーの話題に行ってしまうんですよねぇ。
この間のアラゴン戦でもレース後にスッポさんがカルロ・ペルナット狸親父(歴代名選手のマネージャーで、現在はバルベラやデ・アンジェリスに付いている)に、ねちねち苛められてましたもん…


当事者であるペドロサ選手としてはですね…まぁ、当然、こんな感じ。

『ペドロサ:ストーナーに助けを求めはしない』

omnicorse-pedrosa.jpg ★アラゴンGP中、ホンダのリヴィオ・スッポが、HRCライダーは自由に戦えるとコメント。

★ダニ・ペドロサのコメント
「タイトル争いに勝つと言うことは誰よりも強いからであって、誰かに助けてもらったからではない。過去にチームメイトの転倒やらなんやらでポイントを稼いだ例もいくつか見てきたが、ケーシーと言うのは勝てるライダーであり、僕はそう言うことを頼むつもりは絶対にない。
僕らはチームメイトだが、どちらも勝てるライダーだ。復帰できたとしたら、彼のキャリア最後のレースで勝ちを狙ってくるだろう。僕は日曜の度に自力で良いレースをしていきたい…ロレンソ選手がどう出てくるか等もあまり考えずにだ。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Omnicorse.it 2012年09月30日記事より抜粋]


スペインの『Motocuatro』サイトの方でも、同じようなことを訊かれていたペドロサ選手なんですが…
『ストーナーは助けてくれると思うか? : わからない。日本で復帰するかどうかもわからない…報道陣と同じことしか知らない。』『ホンダはストーナーにチームオーダーを出すと思うか? : それは向こうに訊いてくれ。』と、なかなかペドロサ選手らしい答えを並べとりましたが。


…そうそう、話を戻して…上のストーナー本人ブログでまたV8スーパーカーレースを観に行く話をしてますが…けっこうマジで再就職先に考えてるようですねぇ…

『ストーナー:豪V8スーパーカー参戦を希望』

solomoto-stoner.jpg ★ケーシー・ストーナーが『THE RED BULLETIN』誌サイトのインタビューで将来について次のように語っている。
「60〜70才じゃあるまいし、すっかり引退するわけじゃない。まだまだ人生長いんだし、たくさんチャレンジしていける。多分、オーストラリアでのV8レースに参戦するようになる可能性が高い。
(モトGP観戦には)2〜3レースは観に行くと思う。選手らが寒い思いをしてる時に、僕は座ってホットココアとか美味しいコーヒーなんか飲んでね。彼らが凍え切ってる中、僕は笑ってるんだ。」

★ストーナー選手は既にVodafone Australiaチームのホールデン・コモドアを試乗済み。なお、トロイ・ベイリスも2輪レース引退後は豪スーパーカーV8参戦していた。

[日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:Solomoto 2012年09月28日記事より抜粋]



茂木GP、熱闘快晴盛況クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP