Car&Bike

スズキGSX-R:シュワンツ&シーンのレプリカ発売!

最近、何かと話題の多いスズキさんですが、今日のニュースはドイツからです。

『スズキGSX-R:シュワンツとシーンのレプリカをドイツで発表』

motoblog_suzuki-gsx-r-2013-barry-sheene-edition.jpg

バリー・シーン・エディション


★スズキドイツはGSX-Rの限定車を発表した。スーパースポーツGSX-Rの新エディションはスズキ・モータースポーツの黄金期を振り返り、その歴史をテーマにしつつ4種類のスペシャルエディションが用意される。

★スズキGSX-R600及びGSX-R750はケビン・シュワンツとバリー・シーンの2種類。シュワンツ・エディションのカラーリングは1993年の世界選手権500ccで優勝した当時のスズキのプロトタイプを採用。一方、シーン・エディションのカラーリングは2度の世界選手権500ccで優勝を果たした中の1つを参照にした。

★前出のスペシャルエディションはGSX-Rの歴史に捧げられたものであるが、一方、こちらは現役GSX-R1000でレースに活躍する2チームに捧げられたGSX-R1000モデル。チームSERTスズキ(過去30年に於いて、世界耐久選手権12回優勝)そしてチームTyco(ロードレース及びブリティシュ・スーパーバイク参戦のスズキメインチーム)。同2チームのカラーリングをSERTエディション、Tycoエディションとして再現する。


motoblog_suzuki-gsx-r-2013-kevin-schwantz-edition.jpg

ケビン・シュワンツ・エディション


motoblog_suzuki-gsx-r-2013-sert-edition.jpg

SERTスズキ・エディション


motoblog_suzuki-gsx-r-2013-tyco-edition.jpg

Tyco・エディション








(日本語翻訳:moku / 伊語記事:2013年03月07日 Motoblog記事より抜粋)


昨年、スズキGSX-Rシリーズは1985年以来、製産100万台を達成したそうですが、凄いですねー100万台ですよ。1日100台の計算です!
今回のレプリカモデルも同シリーズの根強い人気を裏付ける企画ではないでしょうか。

これだけオーナーが居ると中には面白い事をする人も居る物で…おまけのビデオどうぞ!





人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP