MotoGP

ヤマハM1エンジンリース、もうすぐ実現!!

このまま行くと2014年のモトGPって…
本当にガラリと変わるんでしょうねぇ…


モトGP『ヤマハ&ドルナ:2014年サテライトエンジン合意間近』

omnicorse-yamaha-motore.jpg


★ヤマハがM1エンジンのみをサテライトチームに供給する案が、今冬、ドルナと話し合われてきたが、いよいよ現実化する模様。

★同様のローコスト対策としては、既にホンダがRC213Vサテライト機を100万ユーロ(約1億2千万円)で販売すると決定。RC213Vワークス機との違いは、シームレス・ギアボックスとニューマチックバルブが搭載されていない事。

★M1エンジンの販売価格は70万ユーロ(約8400万円)辺りを見込んでおり、2014年モトGPクラスで少なくとも2台分を供給する事が目標ながら、理想は4台分。

★リン・ジャービス氏(ヤマハワークスチーム代表)によれば、現段階ではサテライトチーム側からのコンタクトはなく、まずはドルナとの調整が優先と。

★ジャービス氏が『MCN』に次のようにコメント。
「ドルナとの話し合いは順調に進んでおり、2014年に間に合うよう早々に合意に達せられることを期待してます。今のところ、どこのチームとも同プロジェクトについて話してませんが…噂では複数のチームが関心を寄せているのだとか。ただ、当然のことながら同プロジェクトに誰が信頼を寄せてくれているのか、この価格で大丈夫かどうかを知る必要がありますね。

ドルナとの話し合いが終了し次第、パートナー探しを始めるつもりで…今のところ、どこのチームが名乗りを上げて来るのか見当もつかないですね。同プロジェクトでこちらに利益はないんで、うちのワークス2名、テック3の2名の他に最低2選手…最高4選手に供給できるかが重要になります。

【同エンジンの特性について】どんな設定にするかは未定ですが…うちでは既にワークス2機、サテライト2機を取扱っていかなければならないと言う点を忘れないようにして色々と考えていかなければ。違う物になってしまう事はやむを得ないでしょう…うち以外の所が作ったシャーシに搭載しなければならないのだから。
とにかく同プロジェクトの目的はモトGPクラスで高い戦闘力のマシンを増やす事であり、つまり、テック3仕様のエンジンに近いものになる可能性もあるでしょうね。」



(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年03月27日 Omnicorse.it記事より抜粋)



さて、本日のロッシさんと言えば…
こんな写真を出して、つぶやいとりましたら…
写真家ジジ・ソルダーノ氏が呼応しとりますな。

rossi-tavullia.jpg


《(ロッシ)今日はタヴッリャに居たんだけど、やっとヴァレンティーノ・ロッシと一緒に写真が撮れたよ!感動もんだね!》
《(ソルダーノ)……こちらが、より現在の…でしょ!!》


んで、ドゥカティも何か作るの?クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. vale46 より:

    M1エンジン70万ユーロはエンジン何基分なのでしょう??ワンシーズン最低5基は必要なのだから5基分なら安いが………。

  2. nav. より:

    プライベーターはROC YAMAHA、HARRIS YAMAHAあたりで行きましょうや。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP