SBK SuperBike

ドルナ『ビアッジのワイルドカード参戦、出願されてる』

さて、先のSBKアラゴン戦よりマックス・ビアッジ大先生がワイルドカードで復帰するんじゃないか…
なんて噂が飛び交ってるんですが…
取りあえず、ご本人は連日、過酷なトレーニングの報告ツイートを飛ばしながらも、こんな風につぶやいとりました。

《おはよう、みんな。みんななら、これは一体どう言う意味だと思う?確かに考えさせられる類いの記事だね。いやぁ〜!》
(写真内の記事見出し『ビアッジ、復帰を思案中』)



この他でも『復帰は不可能だよ』なんて、はっきり否定しているビアッジ先生なんですが…
しかし現在、アプリリアからSBK参戦しているシルバン・ギュントーリ選手からは、こんなお誘いツイートが…

《ビアッジ、モンツァで僕らと一緒にレースしに戻って来るの?僕はそうなれば良いなぁと思ってるよ。また君相手に走れるなんて名誉なことだからね。》

でも、ビアッジ先生からは特に返信もなく…
まぁ、噂に尾ひれがついて結局は根も葉もなかった…
なんて事もたまに起きるイタリアだし…
…と思っていたら、あら…
意外なところから、これまた…やけにはっきりと………

『ドルナ:ビアッジがモンツァでのワイルドカード参戦出願!』

omnicorse-biaggi-monza.jpg


★昨年、引退を表明し、今シーズンよりSBKのTV解説者を務めているマックス・ビアッジの復帰説が先のアラゴンGPより取り沙汰されている。

★『La Gazzetta dello Sport』紙に本日、ドルナのスポーツ運営代表グレゴリオ・ラヴィージャ氏が次のようにコメント。
「ビアッジ元選手よりモンツァ戦へのワイルドカード参戦が出願されている。もちろん当方としては、世界チャンピオンがイタリアで…シーズンの中でも特に盛り上がるレースでの復帰を喜んでいる。」

★アプリリア機でのワイルドカード参戦も予想されるが、同メーカーの『La Gazzetta dello Sport』への回答は以下の通り。
「うちはマックス(ビアッジ)の(契約金の)10分の1の選手らで4レース中2回優勝し、表彰台も7回獲得しているんでね。」

★フランシス・バッタ(ドゥカティ・ワークスマネージャー)の『La Gazzetta dello Sport』へのコメント。
「ビアッジですか?私なら速攻で乗ってもらうね。うちはテストライダーのオファーだって出せますよ。彼の経験は新パニガーレ開発に非常に有効でしょうから。3〜4戦ぐらい出てるところを観たいもんだねぇ。ビアッジはロッシと同じぐらいのカリスマ性を持ってる。現在、フル参戦してる選手全員と比べても彼がテストライダーをやってくれた方が情報量が多いでしょ。」

(Source:2013年04月25日Omnicorse.it記事より抜粋)




こうなると後は、どこのマシンに乗るかが話題になってくるんでしょうねぇ…
当初はカワサキ、アプリリアの名前が挙ってましたが、上の記事ではスズキなんかも挙ってきましたねぇ。
レオン・キャミア選手がケガでアッセン欠場の可能性が大きいから、ならし運転代わりに出るのも良いんじゃないか…なんて。
まぁ、イタリアではSBKが視聴率でちょっと苦戦気味らしいんで、今週末のアッセン戦ではこの話題で盛り上がるんだろうなぁ…


甦るローマ皇帝クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP