MotoGP

バレンティーノ・ロッシ『僕の問題は何か?それは…』:2013ブルノGP

う〜〜〜ん…
唸ってても仕方がない。
まずは予選直後の伊TVインタビューから。

mediaset-rossi-qp.jpg

★ブルノGP予選7位だったヴァレンティーノ・ロッシのコメント。
「ここまで全部差し引きすると大して満足してません…7位って今週末の最低順位なのに、それが予選で出るなんて。自己ラップタイムは伸ばせたんだけど、他の選手の方が速かったですね…攻めてた選手もいたし、抜け目なく立ち回ってた選手もいたし。目標は5位以内だったんだけど…残念ながら、7位の第3列スタートとなってしまった。とにかくペースは良いんでね…フリープラクティスでは常に強豪選手らに付いて行ってたから。
これからマシンに手を加えなければ…今回はずっと戦闘力が高かったんで、レースでもそうありたいと思ってます。昨日使ったハードタイヤは良かったけど、今日はイマイチで…多分、温度が10度低かったからかなぁ。だから、明日はソフトを履く事になると思います。」
(Source:2013年08月24日 Mediaset.it記事より抜粋)




恒例、イタリア大手サイト『Gpone』のねっとりインタビューからも抜き出してみますか。

gpone-rossi-brno-qp.jpg

★予選7位は今シーズン最低ではないが、ヤマハの最下位でスミス選手の後ろからスタートとなったヴァレンティーノ・ロッシのコメント。
「【ヤマハ選手全員に抜かれたが…】カル(クラッチロー)は最高ラップを成し遂げたし、スミスも実に優秀だった。ラップタイムに関しては年度始めより伸びてきたが、まだ充分じゃないですね。データを見ると、僕とホルヘ(ロレンソ)やカルとの違いは全てブレーキングにあるんですよ。そこで僕はロスしてしまって。ホルヘ達の方がブレーキングでソフトで…僕はアグレッシブだし、タイヤのカーカスが柔らかいときは不利なんですよね。努力はしてるんだけど、自動的にスタイルが変わるもんでもないから。

【FP4でも苦戦していたが…】序盤でリアのハードタイヤを試してたんですよ。昨日は調子良かったんだけど、今日は路面温度が10度も低くて最悪でしたね…グリップがなかったですね。セカンドマシンに乗り換えて…そっちに手を加えてあったんでね。でも、かなり遅くって。結局、丸々上手く行ったのは1周だけでした。

【日曜日に向けては?】僕は自信がありますよ。ウォームアップでコーナー進入時のスピードを改善すれば良いだけだから。乗り心地は良いし、手応えも良い…ペースも悪くないしね。

【重要なのは?】スタートと第1ラップですね。並び順も少し変だしね。序盤の数周で違いを見せつける2選手が…ダニ(ペドロサ)とホルヘがセカンドローでしょ。3列目から飛び出して行くのは厳しいけど、ここは長いコースで…オーバーテイクが簡単だから。かなり開けた状況ですよ。すぐ上位陣に食いついて行きたいですね…戦闘力は高いと思うんでね。

【インディアナポリスでは序盤に苦戦していたのでは?】その点に関してはフリープラクティスで練習しておきました。今はすぐにスピードを上げられるし、良い手応えなんですよ。」
(Source:2013年08月24日 Gpone記事より抜粋)




がっつり追い上げクリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP