Moto2 category

ダニ・ペドロサ、ニッキー・へイデン、ジョルディ・トーレス:古傷手術

冬のオフシーズンと言えば…そう、古傷手術の季節でもありますね。
まずは常連のペドロサさんから。

bikeracing-pedrosa.jpg

★11月14日(木)、ダニ・ペドロサがバルセロナのQuirón Dexeus大学病院で手術を受けた。
2011年ル・マン戦でマルコ・シモンチェッリと接触し転倒・骨折。当時、挿入したプレート等を除去するため。

★今回の手術は成功。2014年2月4〜6日開催のセパンテストに向け、養生する事となる。

★ペドロサ選手のコメント。
「今回の手術は、2011年の右鎖骨手術の祭に挿入したプレート1枚、ボルト13個を取り除くためのものでした。どれぐらいで回復できるか、まだ何日かしてみないと分かりませんが、ほんの何週間かで済むはずでしょう。
だからこそ、このオフ期間で手術する事にしたんです。今は安静にしていれば良く…でも、身体的に100%に戻る日が待ち遠しいですね。」
(Source:2013年11月15日 Bikeracing.it記事より抜粋)



そして…こちらも常連さんですかね。
このキャップと割烹着姿…毎年、見てるような気がします。
右の手首に入れたボルトが緩んでしまい、とう骨にぐりぐり当たってたんだそうですが…

《午前に手術 手首のコブを取ってもらえるんでかなり嬉しい》



《手術前》


《“@Jackiemmarin:こぶ&ボルト摘出! 素敵なお土産、ありがとう@NickyHayden” どういたしまして ベティ看護士》




そしてですね…
トーレス選手は、実は、手術じゃないんです!
しかも、ヴァレンシア最終戦前に終わってた話なんですが…
つい、紹介するタイミングを失ってしまって……

infomotogp-torres.jpg

★ジョルディ・トーレスが茂木GP中に転倒し、片足外側に深い擦過傷を負った。患部は直径5cm/深さ3cmほどが剥離し、腱にまで到達していたが、幸い、筋肉は損傷していなかった。

★日本人医師らが患部を縫合し、スペイン帰国後はカタルーニャ総合病院で(移植手術は行なわず)日常的な治療を受けて全快し、ヴァレンシア最終戦では表彰台にまで上がった。
(Source:2013年11月13日 Infomotogp.com記事より抜粋)




無事早期回復祈願クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP