MotoGP

ヤマハスポンサー、レプソル20年、アルゼンチンOK:今日のできごと

『ヤマハ:SuisseGasとスポンサー契約更新』

omnicorse-yamaha.jpg


★ヤマハ・ファクトリー・レーシングが本日、去年よりスポンサーとなっている『SuisseGas』との契約更新を公表した。契約は2014〜2015年の2年間となる。

★同社のロゴはホルヘ・ロレンソおよびヴァレンティーノ・ロッシ両選手のワークス機に入れられる事となり、特にカタール/ムジェッロ/ミザノ戦では特別ロゴが入る。
(Source:2014年01月31日 Omnicorse.it記事より抜粋)


『レプソル&ホンダ:世界選手権参戦20周年記念』

motograndprix-repsol.jpg


★レプソルとホンダがパートナーシップを組みロードレース世界選手権に参戦してから今年で20年となる。

★2月10午前10時半よりマドリッドの『Campus Repsol』にて、記念イベントが開催される予定。

★同イベントにはマルク・マルケスおよびダニ・ペドロサ両ワークス選手の他、アレックス・クリヴィレーら歴代のレプソル・ホンダ選手が参加する。

★レプソル・ホンダでは同世界選手権の最高峰クラス(500cc&モトGP)でこれまで、タイトル10回、124勝、338回の表彰台を獲得してきた。
(Source:2014年01月31日 Motograndprix記事より抜粋)


『Termas de Rio Hondoサーキットが認可』

bikeracing-rio.jpg


★アルゼンチンのTermas de Rio Hondoサーキットが、FMI()より3クラス(モトGP/モト2/モト3)のレース開催に向け正式に認定された。なお、アルゼンチンで同選手権が最後に開催されたのは1999年のブエノスアイレス戦。

★2013年7月にTermas de Rio Hondoサーキットで、非公開プライベートテストが少数のモトGPライダー(アルヴァロ・バウティスタ、ステファン・ブラドル、カル・クラッチロー、エクトル・バルベラ)により行なわれた。

★Termas de Rio Hondoサーキットは2014〜2016年の3年間、3クラス(モトGP/モト2/モト3)のレースを開催する予定。なお、2014年は4月25〜27日に開催される。
(Source:2014年01月29日 Bikeracing.it記事より抜粋)



[amazonjs asin=”B001IZ5B14″ locale=”JP” title=”情熱のアルゼンチン・タンゴ50″]
[amazonjs asin=”B00H3DR5DM” locale=”JP” title=”レプソルホンダ (repsol B, フリースタイル)”]

あっちこっち、おめでたクリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP