MotoGP

ロレンソ『今度は普通のレースを見せられると思う』2014アルゼンチンGP


『ロレンソとヤマハ:危険な空気が漂う』

mediaset-lorenzo-yamaha.jpg


★ホルヘ・ロレンソはカタール開幕戦では第1ラップで転倒リタイヤとなり、次のオースティン戦ではよもやのジャンプスタートで、現在、総合首位マルク・マルケスとは41ポイント差にある。
ロレンソ選手は「うちは大変な事になってるが、ポジティブ思考で行きます。うちのタイトル争いはこれからスタートですから。」と発言していた。

★ヤマハボックス内の空気も重く、オースティン決勝レース後にはロレンソ選手とコーイチ・ツジ氏(ヤマハ発動機モータースポーツ開発部門ゼネラル・マネジャー)の間で口論も起きていた。

★アルゼンチン次戦に向け、ロレンソ選手が次のように語った。
「当然のことながら、夢見ていたようなシーズン開幕とはならなかったが、状況を調整する自信は充分にあります。オースティン戦での事は簡単に消化できるような事ではないが、今はアルゼンチン戦の事だけを考えているし、できるだけ早く向こうで走りたくてウズウズしてます。コースに居るのが、忘れるには最適だから。

アルゼンチンのファンの皆さんには、普通のレースをお見せできると思っています。『テルマス・デ・リオ・オンド』は世界選手権では新たなコースなので、金曜日から大急ぎで調子を上げて行かなければならないし、落着いた状態を保ち、できるだけ早く最高リズムを掴むべく集中していかなければ。去年、アルゼンチン・サーキットの走行テストができたのは数名だけなので、面倒なコース学習は全員しなければなりませんね。欧州戦に戻る前に好リザルトを獲得できればと思っています。僕の方ではメキシコでの休養とトレーニングを経て、エネルギーもかなり満ちてきてますよ。」
(Source:2014年04月23日 Mediaset.it記事より抜粋)

あっ、あの…
先日、某イタリア人男性に「カタール戦でサングラスは有りか?」と訊ねたところ…
「カタール戦はライトのせいでグリッド等は昼間並みに明るく照らされているのだから『有り』でしょう。ただし、ヨーロッパでは普通、夜にサングラスかかけないけれどね。」と。



[amazonjs asin=”B00ACAOY4Q” locale=”JP” title=”桜のポストカード文字入り「全てはこれから始まる」フォトカードハガキはがき絵葉書postcard-“]

今度こそ、ロレンソ頑張れ!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. より:

    ロレンソの乱れは、ロッシが速いからというよりも、
    やはり、2014、マシン・タイヤ共にロッシ向きだから?

    ロッシは、俺に敗れて、ドカに行ったんだぜ、
    2度もチャンピオンも取り、あれだけの走りをしても、ロッシ人気に勝てんのかと。
    去年も8勝し、マルケスを上回った。なぜ、メーカーはロッシの方を向く、やっぱり人気なのかと。

    自分は想像するなぁ。 多少、自己投影も入っているかな。

    偶然なのか、それとも、本当にロッシの意見が反映されているのか判らないが。
    タイヤもマシンも、ロッシの意見通りに なっているかのごとし なのは確か。
    タイヤの硬さとかフロントの手ごたえとか。

    マルケス+ホンダを倒すには、ギリギリ、出し切らないと。
    自分を出し切るには、周りを信じられないと、周りも信じてくれないと、ロレンソとしては、何ともつらい。

  2. amber より:

    マルケスが2回チャンピオン取って、防衛にも成功ならスパニッシュライダーNo1は譲るしかない。
    それがプレッシャなんでしょうね。
    ロッシは7times championにして、なおもチャレンジャ。そこが彼の魅力なんだろうなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP