MotoGP

マルケスは今シーズン全勝できそう?:リヴィオ・スッポ


え〜と…1週間ほど前の記事なんですが…
この間のヘレス戦が終わった後…月曜テストが開始する前の、ホンダのスッポさんのインタビューです。

『HRCチームマネージャー、リヴィオ・スッポインタビュー』

motograndprix-suppo.jpg


★5月5日ヘレステスト開始前、リヴィオ・スッポ氏(HRCチームマネージャー)が次のように語った。

【完璧なスタートなんてもんじゃない…ほとんど驚異的だが…】
「マルク(マルケス)が4戦4PP4優勝ですからね!ダニ(ペドロサ)も表彰台4回で、昨日(5/4ヘレス決勝戦)も絶好調のヴァレンティーノ・ロッシの次だったから…まぁ、そう言うわけで驚異的と言えるでしょうかね。」

【今日(5/5)はテストだが、新機材のテスト?それともセッティング作業?】
「これって言う新しいものはないが、マルクにもダニにも重要なテストになるでしょうね。冬期プレシーズンテストではマルクは本当に大した事は試せなかったし…ダニは、今年はレース序盤では苦戦してたんで、その辺りを改善すべくきちんと調整して行くでしょう。」

【2015年末でブリヂストン撤退となったが…】
「(ブリヂストンの)後任は容易くはないでしょうね、確実に。彼らが達したタイヤレベルは実に高く、構造品質も最高ですよ。本当に同じタイヤを作れるんですから…実に難しいことですよ。例えば、昨日はマルクの弟(ホンダ機でモト3参戦中のアレックス選手)に欠陥タイヤが当たってしまい、チャタリングが出てたんですが…この週末、同じタイプのタイヤで全く起きなかった事なんですよ。ブリヂストンがミシュランと競合していた頃、ブリヂストンのフロントタイヤは遥かに優位だったが…今や選手達はそれに慣れてしまってますからね。」

【マルケス選手についてだが…今シーズン全勝できそう?】
「少々げんを担ぐと言う意味からも、多少は統計的な意味からも、達成するのは難しいでしょうね。このスポーツは実に多種多様で…ウェットレースもあれば、本人には問題なくとも第1コーナーでトラブルに巻き込まれてしまう事もある…だから、かなり難しいでしょう。私に言えるのは、モトGPクラスでのマルクはスタートしたならば1位でゴールと言う確率が50%以上あり、今年はそれが100%だと言う事で…スーパーチャンピオンの数字と言う事ですかね。」

【この快挙に対し、マシンとライダーの貢献度の比率は?】
「今言った通り、マルクはスーパーチャンピオンですから。こう言う強い選手の場合、ほとんどがライダーの力によるものだと言うのは明らかでしょう。ただ、ホンダ機に乗ってるのはマルク唯1人じゃないですから…つまり、エンジニアのお陰でもあるが、やはりライダーが優れた操縦をしているんですよ。」

【では、マルケス選手の契約更改は決まったようなもの?】
「幸運にも、こう言う強いチャンピオンがチームにいる場合、契約更改しないなんて不条理でしょう。」

【2016年から電制システム(ECU)がワンメイクとなる。つい最近までホンダは反対していたが、何が変わったの?】
「確かにハードウェアもソフトウェアもドルナ製になるが、ただ、各メーカーは製造課程でも開発課程でも貢献していけますから。これはね、うちにとっては決定的な要素ですよ。ただ、その貢献した内容は各メーカーに分配されるわけだが。」
(Source:2014年05月05日 Motograndprix記事より抜粋)


え〜と…その『マルケス選手が今シーズン全勝するかどうか?』なんですが…
同じモトGPクラスの、こちらの2人がこうコメントしております。

★ポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3)のコメント。
「まったく分かりません。僕はマルク(マルケス)じゃないし、あそこのチームに居るわけでもないし。」

★アルヴァロ・バウティスタ(ホンダ・グレジーニ)のコメント。
「オートバイは数学じゃないから。今のところは、驚異的に上手くやってますよね。もちろんポテンシャルはあるが…まだ先は長いから。常に何かかにか起きますからね。そう言う風には進んでますが。100%本人だけにかかってくるわけじゃないしね。」
(Source:2014年05月14日 Marca記事より抜粋)



[amazonjs asin=”4844373544″ locale=”JP” title=”引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術”]

さて、マルケス選手を誰が止めるか…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP