MotoGP

ロッシ『年寄りだけど速い!!』、ロレンソ『ル・マンを忘れたい』2014ムジェッロGP


さて、今週末はムジェッロ戦。
ヴァレンティーノ・ロッシ選手は、な〜んと、300回目のGP参戦となります。
今のところトップはカピロッシ御大の328参戦なんですが…
あと2年やる気満々のロッシ選手ですからね…追い抜くのも時間の問題ですかね。
ちなみにロッシ選手…最高峰クラスでは239参戦しとりまして、そのうち優勝回数の多いサーキットと言うのがムジェッロで9勝なんですって(バルセロナも9勝)!!
こりゃぁ〜〜〜今週末は力入りますなぁ♡

『ロッシ:年寄りだけど、まだ速い』

gpone-mugello-rossi.jpg


★ムジェッロ次戦に向け、ヴァレンティーノ・ロッシが次のようにコメント。
「ムジェッロに向えて、凄く嬉しいですね。かなり得意なコースだし、あそこは素晴らしいから。シーズンを通して、一、二を争うぐらい好きなレースなんですよ。全力で行きますよ。
優勝しても、いつも通りの25ポイントだけど…でも、ムジェッロは面子がかかってるから。あそこではホルヘ(ロレンソ)がこの3年間、ヤマハ機で3連勝してるから…凄いレースをしていたしね。つまり、それって…あそこではヤマハ機の戦闘力がかなり高いと言うことでしょ。世界選手権への300回目の参戦になるから…あんまり嬉しくはないですけどね。つまり、年取ったって事でしょ。ただ、とにかく嬉しいですよ。絶好調だし、まだまだ速いんですから。」

★ムジェッロ次戦に向け、ホルヘ・ロレンソが次のようにコメント。
「とにかく、ル・マンの事を忘れたいです。マシンに乗っていても心地よく感じられなかったんですよ…でも、先の事を考えていかなければね。諦める気はないし、僕が主役になれる時のために、このまま一生懸命準備していかなければ。今シーズン初勝利を目指して、戦って行くようにしなければ。(優勝できたら)僕にとっても、チームにとっても素晴らしい事ですからね。ムジェッロは絶好の機会でしょ…良い思い出がどっさりあるから。僕のライディングスタイルにとって、特別な…素晴らしいコースなんです。」
2014年05月29日Gpone記事参照)


そして、ロレンソ選手の方はと言えば…
絶景を眺めながら、皇帝様とトレーニングしとります。

《ホルヘ・ロレンソとトレーニングでルガーノ訪問 美しい土地だよ また来よう。日曜日はムジェッロGP》



[amazonjs asin=”B00KE8G9PS” locale=”JP” title=”ロッシ(VR46) VALENTINO ROSSI BLUE WRISTBAND VRUWR22802″]

男の沽券クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. machcat より:

    ロッシはムジェロ6連勝したんだっけ? 異様に強い・・ あとフィリップアイランドも昔はかなり強かったイメージがある。

    ただマルケス強いからなぁ・・ タイムマシンがあれば25歳頃のロッシつれてきてムジェロで戦わせてみたい。(^^;;

  2. より:

    ロッシ7連勝、ストーナー・ペドロサそれぞれ1勝を挟んでロレンソ3連勝。

    ココまで、5戦連続ポールtoウィンのマルケスが、昨年唯一、転倒リタイヤしたムジェロに挑む。
    今年初めての限界走りが見られるか?それとも又もや余裕か?

    今年のロッシは完全復活。だが、マルケスに挑むまでには至らず、破格のマルケスを除けば、タイトル争い、マルケス以外でランク2位、ココではどうか。地元力を期待。

    今年のロレンソは、
    マシン・タイヤ共に適応に苦しみ、セッティングが見つかっても、レースでは、路面温度の変化などでマシンバランスが崩れタイムが伸びず、全くレースになっていない。何かを見つけない限り、難しい。見つかる事を希望。

    全ては、ヤマハの決断に掛かっている?
    結局、ロッシとロレンソは、トレードオフの関係になっている。
    2010には完全にロレンソ向きのマシンに変更し(と思う)、ロッシはヤマハを離れた。

    下世話な話、ロッシとロレンソ、どちらが金になるかと言えば、間違いなくロッシ。
    打倒ホンダ+マルケスなら、ロレンソに注力すべきだが、マルケスvsなら、同じスペイン人のロレンソよりロッシのほうが盛り上がる。スペインvsイタリア。サッカーでもお馴染みの対決。ロッシはヒーローだし。

    ヤマハは今後どうするのだろう。2年契約だと、レギュレーション・タイヤ変更の年をまたぐ。
    ロッシを優先すると、ロレンソの行き場が無い。あちらを立てればこちらが立たず。
    契約金が安ければ、ロッシの維持は問題無いにしても、マシン造りをどうする。

    自分は今年、ロッシの最後の年だと思っていました。
    ロッシが自分自身のキャリアに引導を渡し、世界中のファンに、いつかは終わりが来ると納得してもらうための年だと。

    ところがどっこい。 押し出されとタイヤトラブルが無ければ、5連続表彰台の可能性も。
    バージェス解雇には驚かなかったけれど、ライディングの変革には、本当にビックリ。
    戦う気満々、勝つ気満々、心底レースが好きなんだなぁ。マルケスが出てきて、余計楽しいと。

    ロッシ自身は、ヤマハがロレンソを選んだだけで、ロレンソには負けた気はしてないんだろうしね。

    今年前半戦の山場、大バトルを期待。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP