MotoGP

クラッチロー、ドゥカティをドタキャン!?ホンダLCR交渉中、ルーチョ・チェッキネッロ認める


7月19日の『ワールド・ドゥカティ・ウィーク』の会見では、ドゥカティ残留を発表したカル・クラッチロー選手なんですが…
実は2〜3日前から、クラッチロー選手がやっぱりドゥカティを辞めて、ホンダLCRに移籍するんじゃないかって記事がチラホラと出始めましてね。
おそらく、ドイツの『SpeedWeek.com』サイトが書き始めたんだと思うんですが…
とりあえず、例のオプション条件…
クラッチロー選手がドゥカティと契約した際に、2年目更改に関しては選手の方で決められると言うオプション条件の締切りが7月31日だったでしょ。
それで管理人も、すぐに記事を出さないで、その日付が過ぎるのを待ってみようと思っていたところ…
あらあら…
8月1日になった途端、イタリアからもスペインからも、それ関連の記事がぼろぼろと出始めました。
え〜と…最初に言っておきますと、『クラッチロー選手がドゥカティとのオプション条件にどう回答したか?』については、まだどこからも情報は出てません。
現時点では、ホンダLCRチームマネージャーのチェッキネッロさんが、以下の事を認めた…と言うところまでです。

『チェッキネッロ:クラッチローとの交渉を認める』

omnicorse-cal-lcr.jpg


★ルーチョ・チェッキネッロ氏(ホンダLCRチームマネージャー)が、現在、カル・クラッチローと交渉中にある事をに認めた。
「HRCからは、ステファン・ブラドルにはもう関心はないと言われてたが、私の方ではステファンにオファーを出そうとしました。あいにく遅すぎたようで、ステファンは既にジョヴァンニ・クーツァリマネージャーとフォワード・レーシングに行く事で合意してました。その時点で、うちはカル・クラッチローとのコンタクトを再開しました…うちには『CWM』のような、英国を本拠地とするスポンサーが付いていましたから。現在は、クラッチローのマネージャーであるボブ・ムーア氏からの連絡を待っている最中です。」

【クラッチロー選手がドゥカティ残留を決めた場合は?】
「トップ10ライダーの中では、アルヴァロ・バウティスタしか残っていないでしょうね。」

【ジャック・ミラーがモトGP昇格し、LCRチームからオープン機参戦すると言う噂もあるが…】
「今のところホンダの意向に関し、何ら連絡はありません。」
2014年08月01日Omnicorse.it記事参照)





実は、上の記事のチェッキネッロマネージャーのコメント…
イタリア大手サイト『Gpone』も同じ内容のものを出してるんですよ。
で、現在、クラッチロー選手のマネージャーことムーア氏が、ドゥカティのドメニカーリ社長と交渉中だと…も。




[amazonjs asin=”4763133586″ locale=”JP” title=”こうして、思考は現実になる”]

最後の最後まで分からない…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. kaisen より:

    ありゃありゃ、ブラドルは移籍確定ですか(-_-)
    まぁ今までの成績ぢゃあしょうがないか….
    もう少しLCRに乗って欲しかったんですけどね。

  2. 軽~視~スト~ナ~ より:

    暴れてもらうには、移籍っきゃない!!
    元気なクラッッチェ朗見たいです!!^m^

  3. ken より:

    ドカに潰される前に移籍は正解。
    来期、また大暴れして欲しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP