MotoGP

玉田誠:茂木で唯一勝利を決めた日本人ライダー


『マコト・タマダ:茂木で最後に炸裂した日本人ライダー』

tamada-motegi.jpg


★2004年、ホンダ機を駆るマコト・タマダがホームとなる茂木サーキットで優勝を決めた。モトGPクラスで日本人選手が茂木で獲得した唯一の勝利であり、現時点では最高峰クラスで日本人が獲得した最後の勝利でもある。

★2004年9月19日、マコト・タマダが日本人ライダーとして始めて茂木サーキットのモトGP戦で優勝した。

★2007年から2012年まではモトGPクラスでタイトルを獲得した選手はロッシ/ストーナー/ロレンソの3選手のみで、96戦中82戦(85%)の勝利を同3選手が分かち合ってきた。
なお、茂木戦では2005〜2007年までローリス・カピロッシが3連勝をし、2011〜2012年はダニ・ペドロサが2連勝。このような中で2004年にタマダ選手が偉業を成し遂げたのだ。
2014年10月04日SKY.it記事参照)




[amazonjs asin=”B00143UV1U” locale=”JP” title=”1/24 ホンダ RC211-V04 MotoGP 6位#6 玉田誠 (RAB087)”]

頑張れ、ニッポン!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. shulashushushu より:

    でも玉田はその後、ロッシの挑発に乗っちゃって…
    レーサーはセンス以上に精神力の強さが重要だと思います。
    畑違うけど、可夢偉の辛抱強さは異常

  2. Nori より:

    レースには優勝と負けしか無い。でもあのレースで最も印象に残っているのはカワサキで3位に入った中野でした。個人的見解ですが。

  3. ・v・ より:

    ロッシはとにかく息が長い。ロッシのまえを、いろんな選手が現れては消えていった、って感じですねえ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP