Moto2 category

2014茂木GP【FP3経緯】:モトGP・モト2・モト3


モトGP『茂木FP3の経緯』

motogp-fp3-2014motegi-marquez.jpg


★ホンダのホームコースでマルク・マルケス(ホンダ)が1分44秒940を刻み、首位に立った。2012年にホルヘ・ロレンソが出したPPタイム(1分44秒969)より速い。
ペース面では1分45秒前半。

★2位はヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ、+0.227)。3位はポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3、+0.299)で、ペースは1分46前半〜1分45秒後半。

★4位ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ、+0.423)はペース面では1分45秒5を記録し、レースに向けては見込みあり。

★ドゥカティのカル・クラッチローが7位(+0.598)で、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾ(9位、+0.625)を抜いた。

★ワイルドカード参戦のカツユキ・ナカスガが15位(ヤマハ、+1.979)。

★予選1行きはアルヴァロ・バウティスタ、アレイシ・エスパルガロ等。


モト2『茂木FP2の経緯』

moto2-fp3-2014motegi-rabat.jpg


★ランキング首位のエステヴェ・ラバト(カレックス)が転倒しつつも1分51秒134を刻み刻み首位に立った。昨日のFP2自己タイムより0.1秒遅い。
チームメイトのミカ・カリオは5位(+0.221)に浮上してきたが、コーナー進入に問題あり。

★2位はトーマス・ルーティ(スッター、+0.053)、3位はヨナス・ザルコ(スッター、+0.082)。

★1位〜12位マルセル・シュロッター(テック3)までのタイム差が1秒未満(0.946)。

★上位10位までにカレックスが7機。

★転倒は11位ポンス(+0.931)、14位エガーター(+1.050)。ジョナス・フォルガー(7位、+0.665)はコースアウトで済んだ。


モト3『茂木FP2の経緯』

moto3-fp3-2014motegi-jack-miller.jpg


★FP3はジャック・ミラー(KTM)が浮上し、1分57秒072で首位タイムを獲得。

★2位は、FP1/FP2で首位だったダニー・ケント(ハスクバーナKTM、+0.063)。3位はイサク・ヴィニャーレス(KTM、+0.125)。

★ランキング首位のアレックス・マルケスはハイサイド転倒もあり、17位(ホンダ、+0.906)。チームメイトのリンス選手は5位(+0.260)。

★1位〜18位ニクラス・アジョ(ハスクバーナKTM)までのタイム差が1秒未満(0.966秒)。

★サプライズはズルファミ・カイルーディンの7位(ホンダ、+0.476)で、終盤で転倒している。『VR46アカデミー』生徒のアンドレア・ミーニョも11位(マヒンドラ、+0.534)。

★『VR46』チームのロマーノ・フェナーティはリアタイヤの持久面に問題があり13位(KTM、+0.563)。

★転倒はエネア・バスティアニーニ、カレル・ハニカ。


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP