MotoGP

ロッシ2014年を振り返る『謙虚な気持ちで、覚悟する』後編


『ロッシ:勝利ライダーと言うものを忘れていた』

rossi-vincente-gpone.jpg


★2014年はヴァレンティーノ・ロッシにとって、総合2位を果し(2009年に総合優勝を果たして以来の最高リザルトを獲得)、忘れ難き復活の年となった。

★ロッシ選手のコメント。
[同インタビューの前半はこちら

【今シーズン後半ではライバル陣に向け、来季は開幕からの宣戦布告を出していたが…10回目タイトル獲得を信じている?】
「僕は信じてます…いつも言ってきたしね。この1年を経て、今はもっと信じてますね。うちはあの辺りを走っていて…接近してるから。もちろん、容易い事じゃないですよ…ホルヘは来年、更に強くなっているだろうし…特にマルクは今年、13勝をあげているんだし…僕より10勝以上多いでしょ…ギャップはどっさりですよね。このギャップを縮めるには、自分自身に対し更に努力していなかければ…シルヴァーノ(※チーフメカニック)と更に良い作業をして…もちろん、ヤマハにも一肌脱いでもらわないと。今年は特に序盤がね…ホンダ機の戦闘力の方がうちより上だったし、シーズン前半なんかマルクには簡単すぎたぐらいでしょ。彼をてんてこ舞いさせたいなら、開幕から食いついていかないとね。」

【かつて、ロッシ選手がホンダ機で連勝してた頃は、よくマシンのお陰だと言われたもので…マルケス選手はそう言う風には言われていないが…】
「覚えてますよ…当時、そう言う風に言われると残念でぇ。こう言う風に何レースも勝ち続けると、一括りにされちゃうんですよね…ライダーとマシンの間に緊密な関係が生じるわけで。参戦してる選手の中でも、一番速いマシンなのかもしれない…でも、違いを出すのはライダーの方だから。10年前、僕が連勝してた頃は、あれはマシンのお陰だって皆が思っていた。僕はそれが残念だったけど…でも今は、そうやって思ってた人達全員に感謝しなければ。彼らのお陰で、僕はヤマハに移れたんだし…他のマシンでも勝てるってところを証明できたのはもの凄く嬉しかったし。なぜマルクがそう言う状況にならなかったのか…分かりませんね。もしかしたら、単純に時代が変わったってことなのかもしれない。」

【世界選手権にデビューしてから随分経つが…振り返ってみると?】
「大きな大きな喜びですね。ライダーである喜び、何勝もあげられた喜びですよ。レース優勝をし、いくつもタイトルを取り…これは本当に嬉しかった!キャリアを振り返ってみると、ポジティブな思い出がどっさりあってね。」

【むこう2年は別にして、その先に見えるものは?現在もやってるモト3チームや『VR46アカデミー』、『ランチ(私設コース)』の活動にどっぷり浸かっている?】
「全て良いプロジェクトですよね。満足してますよ…当然ね。若手ライダー達と一緒にいるのが本当に好きでね…一緒に楽しんで…将来を考えるのは素晴らしいですね。惜しむらくは、いずれ引退しなければならないって事で…モト3チームもアカデミーも僕の役に立ってくれるでしょう…レースに出なくても寂しくならないようにね。でも、同じではないんですけどね。」

【ヴァレンシア木曜会見では全選手から称賛されていたが…誇らしくもあり、伝説扱いされて、ちょっと物寂しくもある?】
「もちろん、誇らしい気分にさせてくれるものですよ。そりゃあ、自分が今25才ならもっと嬉しいけど、でも、耳にすると誇らしい事って言うのもあるもんだし、そう言う事をしてこれたって言うのがもっと誇らしいし!若いライバル達から敬意を示されて、子供の頃には僕のレースを観て、応援してくれていたと聞かされるのは良いもんですよ!」

【ヴァレンシアは厳しい最終戦になるはずが、PP獲得して、表彰台にも上がっていたが…】
「ヴァレンシアはずっと僕には難しいレースだったんですよ。昔はいつも、好リザルトを取るのにけっこう戦ってね。PP取って、2位ゴールって言うのは本当に貴重でした。単純に言って、お茶の子さいさいレースなんかじゃなかったし、かなり危険なコンディションだったし。僕はずっと集中し続けて、ミスはしなかった。良いシーズンでしたよ…総合2位で、表彰台もどっさり、そしてレース優勝も2回して。テストもポジティブでしたしね。これからは来季に向け、もっともっと努力していかなければ。『マルケス・イヤー』が僕にとっての最良の年になってしまって…つまり、うちはもっと改善していかなければならないって事ですよ。テストでは、興味深いものも試してみたんです。ポジティブなテストではあったが、充分ではない。眼の前には『重要な冬』が控えてますからね。来シーズン開幕を万全の状態にしなければね。」

【悩み事からも解放され、これから休養期間に入るが…】
「テストが終わって、本当に解放されましたね。でも、それほど解放されたわけでもない。トレーニングは継続しなければ!自宅で休養を取って…ちょっとしたお楽しみも計画してるし…モンツァラリーとかね。11月30日なんですよ。12月と1月が本当のヴァカンス!山にスノーボードをしに行きたいですねぇ…友達と一緒にね。これと言って特別な予定はないですね…元気で楽しければ良いですよ!」

[ 完 ]

2014年11月17日Gpone記事参照)


え〜と…上のインタビューに出てきた『ロッシ選手が木曜会見で全選手から称賛された』ってのは、メルマガ『風聞〜イタたわGP』のこちらの記事に出ております♡

【13号 2014年11月13日 発行】
2014ヴァレンシアGP内輪話
ロッシ『2位は勝利ではない』

それから実はスペインの方では、ぼちぼちマルケス選手も『ホンダ機のお陰で勝てている…』なんて言われてましてね。
その辺についてのマルケスご本人のコメントは、こちら!

【13号 2014年11月13日 発行】
2014ヴァレンシアGP内輪話
選手の皆さん、心配しないで…マルケス家には息子は2人しかいないから



[amazonjs asin=”B00JPJKRYG” locale=”JP” title=”バレンティーノ・ロッシ 2015年カレンダー/(DI)/AA15-1010″]

みんな休養クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. gardner_1987 より:

    やっぱスゲえ…格が違う。

  2. tomokazu より:

    10回目のタイトル期待しています!d(@^∇゚)/

  3. りょうじ より:

    やったッ!!
    さすがロッシ!
    おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
    そこにシビれる!あこがれるゥ!

  4. horizon より:

    ロッシにとっては過去の輝かしい戦績より
    今どう勝つ事の方が重要なのでしょうね

    もう何度も勝った
    もう充分だろう

    過去ノリックとの対談でも
    ノリック「君はそうはならないよね…それが凄いと思うんだ。」
    ロッシ「最初は僕も皆と同じでチャンピオンになりたかったよ。でも…僕は何度でも勝ちたいんだ。」

    それが10年前でした
    そして彼は今も挑み続けている

    カッコ良過ぎワロタww
    ですかね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP