MotoGP

ロッシ2014年を振り返る『謙虚な気持ちで、覚悟する』前編


『ロッシ:勝利ライダーと言うものを忘れていた』

rossi-vincente-gpone.jpg


★2014年はヴァレンティーノ・ロッシにとって、総合2位を果し(2009年に総合優勝を果たして以来の最高リザルトを獲得)、忘れ難き復活の年となった。

★ロッシ選手のコメント。

【2014年の評価は?】
「こう言うシーズンを送れて、本当に満足してます。評価は当然、ポジティブですね…特に、僕にとって重要性と言う意味では。今後に向け、鍵となるような年でした…僕の将来を左右するようなね。去年は、シーズン末の自分の順位にはあまり満足してなくて…このまま続けていけるのかどうかを…何回か真剣に考えてたんです。自分のターゲットは常に前を走り、表彰台争いをすることだったのに、去年は、それがいつも可能とは言えなかった。でも今シーズンは、終えてみて満足してます…思っていた通りの展開になってくれたから。重要な変更を加えたし、シーズン序盤はけっこう苦戦していたし…良いレースができたし、良い戦いもできましたね。」

【今シーズンのヤマハM1機については?】
「うちのマシンは、シーズン中にかなり改善されました…特に、1年を通して2チーム共に良い仕事をしてきましたから。シルヴァーノ(ロッシ選手のチーフメカニック)やラモン(ロレンソ選手のチーフメカニック)、テレメータ陣、僕やホルへのために多くのスタッフらが良く働いてくれました。皆で一緒に、マシンを改善していける能力があったし、戦闘力を高め、勝利マシンに仕立てる事ができました。ここまでになったのがシーズン終盤だったって言うのが惜しかったですね…序盤レースで離されてしまったギャップが大きすぎた。現在のポテンシャルでもって、シーズンを始められていたら素晴らしかったでしょう。でも、まぁ、これで良しとしましょう!重要なのは、うちが成長できたって事と、今や高い戦闘力のマシンとなったって事でしょ。ヴァレンシアテストもポジティブなものだったし、興味深かったですよ。今後は、来シーズに目を向けてね!」

【このレベルに復活できた事は、何を意味している?】
「毎レースで優勝争いができるようになったって言うのは、絶対的に大々々満足ですよ…ライダーとしても、人としてもね。ここまでの何年間かは、けっこう厄介だったから。ドゥカティでの2年間は超困難だったし、去年はけっこう順調だったけど、実力を発揮し切れなかったから。だからこそ、あんな難しい決断をしたんであって。勇気がいる…リスクの伴う決断でしたよ。どっさり表彰台を獲得し、優勝も2回して、ヴァレンシアに辿り着けたなんて…特に、しょっちゅうホルヘやマルクとの戦いを楽しんでこれて…本当に大満足ですよ。」

【今シーズンで最も素晴らしかった時は?】
「最も素晴らしかったのは、絶対にミザノでの優勝でしょ…地元のファンの目の前でね。イタリアレースで表彰台のてっぺんにまた上がれて…5年振りですからね…素晴らしかった!ああ言うレースを望んでたんですよ。実に面白かったし、本当に感動してしまってね。実を言えば、オーストラリアでの、今シーズンの2度目の優勝の方が面白かったんですけどね…ミザノの方は感動しすぎちゃって、充分に味わう事ができなかったんですよ。オーストラリアの方が、1位の真価が分かりましたね。面白かったし、優勝をじっくり味わえました。」

【ドゥカティ時代を経て、ヤマハに戻って2年を過ごしてきたが…】
「胸の内では、僕は100%ヤマハのライダーなんだって感じがしてます。ここまで長いキャリアを積んできたし、色々なファクトリー機に乗ってきたけど、最も素晴らしい時期は間違いなくヤマハと関係してるから。チームは100%居心地が良いし、M1機のことは大好きだし、もう2年契約更改ができて嬉しいですよ。この場を借りて、モトGPプロジェクトに関わっている全スタッフに感謝します…こう言う結果を出させてもらって。みんな、有り難うね。本当に、彼らと一緒に働くのは喜びですよ。」

【再び勝利ライダーになるべく厳しいトレーニングをし、かなりの時間をジムで過ごしていたようだが…これまで何度も優勝してきた選手としては、リザルトが出せないと言うのは精神的にけっこう厳しいもの?】
「僕が思うに、秘訣は、まだ勝負に一枚噛んでいたいって自分で思う事にあるんじゃないのかなぁ。これまでの優勝は全て忘れて、本当に謙虚な気持ちになって…先に進めば進むほど、努力しなければならないって覚悟すること。それが、あぐらをかいて、9回タイトルだの、これまで勝ったレースのことだの考えてるとか…今のままのライディングで充分だって思ってると…まぁ、家に引っ込んでた方がましだろうって話でね!スポーツもライバルも、タイヤもマシンも変っていくんだし、黙って眺めてるわけにはいかないでしょ。もっともっと努力して、もっともっと強くなってって頭に叩き込んでおかないと。」

【歴代の才能あるライダーもスランプに屈してきたわけだが…モチベーションと言うのは、どれぐらい重要?】
「僕が思うに、モチベーションは本当に重要ですね…それが基本と言っても良い。なぜ走るのかと聞かれたら、僕は好きだから…そうしてると、もの凄く楽しいから走るんですよ。マシンを調整するのも好きだし、コースを走らせるのも好きだし。つまりは、まだまだモチベーションはかなり高いと言う事です…もう何年も走ってるのにね。」

【去年、実際のところは、どれぐらい自身のライダーとしての真価を考えていたの?】
「真価を問うと言うのは、別に、もう信じられないと言う意味ではないから。確信はなかったけど、でも絶対に、もっと良くできると思ってました。最強選手相手に、何年も走ってきたんですから。よく抑えられもしたけど、それ以上に僕だって彼らを抑えてきたから!35才になったら、ライバルは10才年下なんですよ…特に、厳しい3年間を経てきたんだから、心の声に耳を澄ませて、問題は自分自身かもしれないって考える必要があるでしょ!」

[ 後編に続く ]

2014年11月17日Gpone記事参照)



[amazonjs asin=”B00DVEHAKK” locale=”JP” title=”モンスターエナジー 46 Vロッシ キャップ MotoGP Motegi オリジナルVロッシキーホルダーセット”]

2015年は既に始まっているクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. クラッチ郎 より:

    謙虚な気持ちになって…先に進めば進むほど、努力しなければならないって覚悟すること。

    これだから老兵となってもガンガン行くロッシが好きなんですよね!ホントポジティブだ!

  2. 4693 より:

    ただ、速いだけの男ではない…
    ロッシファンはやめられまへん♪

  3. 74SYOJIRO より:

    レースは一人で戦っているわけではないんだよね

    メカさん、スタッフさん、一丸となってさ

    さすがロッシ、いいこと言うね

    >>僕は100%ヤマハのライダーなんだって感じがしてます

    213V乗ってみても面白そうなのにぃ・・・

  4. ラルフアンダーソン より:

    来シーズンは色々と楽しみがありすぎて、本当に待ち遠しいです!

  5. USK より:

    ・・・なんかスゲェ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP