MotoGP

ロッシと秘密の約束、ダニーロ・ペトルッチ:2015アルゼンチンGP

『ペトルッチ:ロッシと秘密の約束』

petrucci-gpone.jpg


★ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック)が先のアルゼンチンGP中、ヴァレンティーノ・ロッシとの間の興味深い約束について語った。
「カタール開幕戦のスタートグリッドで、ロッシは僕の隣だったんですよ(※ロッシ8位、ペトルッチ9位)。今回のアルゼンチン戦のグリッドでは左右逆で…僕の方が予選で上だったもんだから(※ペトルッチ7位、ロッシ8位)。
それでレース後、夕食の時に話していたら、ヴァレンティーノが僕にこう言ってきたんですよ…『毎回、(ペトルッチの)隣からスタートしたら優勝できるんなら、今後のレースでは、そう言うフォーメンションにしたら良いんじゃない』って。
感激ですよね…大満足ですよ…特に、皆から注目されて…『そこに居るあの人は誰だろう?』なんて言われてね。ロッシの後ろに居るうちは、まぁ、そんなもんなんじゃないって感じで…抜いた途端に顔が知れるんだから。
ヴァレンティーノのことは常に最強ライダーだと思ってるんですよ。今はマルケスが接近していってますけどね。超ハイレベルのモトGPで…かつてないほど戦闘力が上がっている年でね…全部で28ある世界選手権の中の25人の選手ってことですからね。そう言う選手らと一緒に居られるなんて良いもんでしょ。」

(2015年04月22日『Gpone』記事参照)



[amazonjs asin=”4777935523″ locale=”JP” title=”世界グランプリがいちばん熱かった時代 (RIDERS CLUB別冊)”]

せめてセカンドローぐらいで…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. gardner_1987 より:

    アルゼンチンのことは、語るべきことほかにあるでしょー

  2. Red bull より:

    青山選手には謝ったんでしょうかね…

  3. YAMA より:

    ペトルッチ選手のHPにアルゼンチンGPのレポートが上がっていましたが、
    青山選手との接触について何も触れていませんでしたね・・・

    この調子だと青山選手本人にも謝っていないんでしょうね。

    仮にもレースディレクションからペナルティがあった訳ですから、
    謝るとはいかなくても、何かコメントを出すべきだと思いますけどね。

  4. YAMA より:

    あ、そのペトルッチ選手のレポートには、
    最後のシーンはこんな風に書かれていました。

    「フィニッシュストレート前の最終コーナーで青山の
     イン側に入りガッツある11位でフィニッシュした。」

    接触したとは書いてありませんでした(怒)

  5. tomoru より:

    野球だと死球ならば帽子を脱いで一礼しますし、でなければ次の打席で報復されますよね?

    レース界では暗黙のルール(不文律)みたいなものは無いんでしょうか?

    あれでペナ1ポイントならシーズン最終戦でやりたい放題なんじゃないでしょうか?

    失格ノーポイントが妥当なのでは?

    • kai より:

      確か今シーズンからペナルティポイントについて変更がありました。
      ペナルティが課せられたレースから1年間有効のはずです。
      だから今回の1ポイントは来年の第3戦まで有効です。

    • ヤマハ より:

      シートベルト違反より軽いよ!

  6. ちぇんじ より:

    イギリスのBTスポーツのチャンネルで「そこに居るあの人は誰だろう?」って聞かれてましたね。
    ちょっとびっくりして「あ…あの男のことは知っている」なんて答えてましたな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP