MotoGP

ロレンソ『僕に質問が集中!』、マルケス弟、ケント:2015へレスGPこぼれ話

『2015へレスGPこぼれ話』

jorge-jerez-motoit.jpg


★5月2日(土)の予選でホルヘ・ロレンソがPPを獲得した。モトGPクラスでは31回目、世界選手権キャリアでは57回目となる。
ロレンソ選手のコメント。
「これって、忍耐力のないスポーツですよね…選手がミスをした途端、すぐにスランプだと言われてしまう。でも、今日のが僕の実力ですから…万全の状態になれば、僕はこう言うリザルトを出せるんですよ。」
また、予選後の会見では次のように話した。
「通常、この席ではマルケスとロッシに質問が集中するものだが。今回は誇らしい気分です…僕に集中しているんでね。」

★カピロッシやシモンチェッリ等の歴代有名ライダーのマネージャーを務めてきたカルロ・ペルナット氏が、ヘレス決勝戦後、次のように述べた。
「今回はモチベーションの上がったグランプリになったね。おそらく、ホルヘ(ロレンソ)にとってはキャリアでも最も重要な週末になったんじゃないかい。あらゆる角度から見て、ヤマハの2番手になってしまっていたんだからね。当然、彼のようなライダーには受入れられない事でしょ。ホルヘは驚異的な準備をしてきていた…1週間みっちりトレーニングを積んで…肉体的にも、特に精神的に鍛えてきてね。そして、今回の結果でしょ。こう言う状況の時の(マックス)ビアッジみたいな事ができた。ホルヘとビアッジには、ある共通点があってね…好調な時は、逃げ切って、決して誰にも追いつかれないんですよ。」

★ヘレスコースは4つのセクターに別れており、各選手が出した各セクターの最高タイムを合計すると、その選手の『理想の最高タイム』となるわけだ。
予選で実際に出したタイムと、この『理想の最高タイム』を比べると、次のようになる。

ホルヘ・ロレンソ:理想タイム1分37秒896、予選タイム1分37秒910
マルク・マルケス:理想タイム1分38秒263、予選タイム1分38秒300
アンドレア・イアンノーネ:理想タイム1分38秒292、予選タイム1分38秒468
ポル・エスパルガロ:理想タイム1分38秒400、予選タイム1分38秒539
ヴァレンティーノ・ロッシ:理想タイム1分38秒488、予選タイム1分38秒632
アレイシ・エスパルガロ:理想タイム1分38秒505、予選タイム1分38秒638
カル・クラッチロー:理想タイム1分38秒564、予選タイム1分38秒714
アンドレア・ドヴィツィオーゾ理想タイム1分38秒823、予選タイム1分38秒823

★開幕から苦戦しているモト2クラスのアレックス・マルケス(2014年モト3チャンピオン)が、ヘレス戦でシーズン最高リザルトである9位を獲得した。
アラゴンテスト中、マルケス選手が次のようにコメントした。
「満足です…ヘレスでは意義深い一歩前進ができましたから。初めて上位10位以内の戦いができたんです…でも、予選をもっと改善させないと…じゃないと、レースがいつもキツいですからね。アラゴンテストはかなりポジティブなものでした…ヘレス戦の最中に加えた変更の結果を確かめることができましたから。アラゴンで試した新パーツやマシンでもって、自分達がどれぐらいの位置にいるかが、かなりはっきりしました。ライディングスタイルも改良きでたんですよ…特に、ブレーキングとコーナー出口ですね。だから、今回のテストはかなり役立ちました。次はル・マン戦でしょう…あそこは好きなコースなんです。これからも、伸びていける自信はあります。」
alex-marquez-motograndprix.jpg


★モト3クラスのダニー・ケントが、みごと優勝を決めたヘレス戦について次のようにコメントした。
「ヘレス決勝戦は、それまでのレースに比べるとかなり難しかったんですよ。ずっともの凄い競合いが続いてましたから。KTMライダーらと良い戦いになって…それからファビオ(クアルタラロー、ホンダ)とも。逃げ切るのは不可能でしたね…それで、グループの一緒に走ることにして、どこで一番自分が強いのかを確かめるようにしてました。こう言うレースでは頭を使って、慌てないようにしないといけないんですが、すべて100%上手くいきました。とにかく、最終ラップはもの凄い競合いで…でも、自分は強いって感じていたし、タイヤもOKだったし…マシンも完璧な状態だったし。最終コーナーでのクアルタラローのミスはルーキー故のものだと思います…プッシュしすぎたんですよ。幸い、誰もケガ人は出なかったし、僕は1位でゴールできたし。4戦やって3回優勝なんて…夢のシーズン序盤ですよね…でも、舞い上がらないで、一生懸命努力し続けないと。」
kent-motograndprix.jpg


(2015年05月02日『Moto.it』記事参照)
(2015年05月05日『Moto.it』記事参照)
(2015年05月08日『Motograndprix』記事参照)
(2015年05月08日『Motograndprix』記事参照)
(2015年05月04日『Gpone』記事参照)


さてさて…2016年末にロレンソ選手がドゥカティに移籍する可能性は…

メルマガ25号 2015年05月08日 発行】
【2015年ヘレスGP内輪話】

●ロレンソ復活:真の敵は?今年の弱点とは?ヤマハ継続でドゥカティは?

[amazonjs asin=”4479392157″ locale=”JP” title=”夜明けの言葉”]

ドヴィ選手のタイムが…ぴったり!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP