Results SuperBike

2015 SBK ラグーナセカ【レース2 リザルト&トピックス】

sbk-2015-laguna-seca-race2-davies.jpg

『2015 SBK ラグーナセカ レース2 トピックス』

★7月19日(日)、SBKラグーナセカ戦レース2が行われた。リアタイヤは全員が『SC0』を選択。

★レース1と同様に、チャズ・デイヴィス(ドゥカティ)がロケットスタートで完全制覇の優勝を決めた。ドゥカティ選手がダブル優勝を決めたのは、2012年イモラ戦のカルロス・チェカ以来、久しぶりのこと。
デイヴィス選手のコメント。
「またまた本当に嬉しいですね!24秒前半ペースを維持できたが、容易なことじゃなかったです。終盤ラップではタイヤが終わりかけていて、キツイなって思い始めて…でも、すべて上手くいきました。ドゥカティでは特に良く働いてくれて…僕の技術パッケージは望めるものの中では最高でした。本当に嬉しいです!」

★2位はトム・サイクス(カワサキ)。レース1と同様、チームメイト同士で競り合いを繰り広げ、勝負も同様の結果となった。
サイクス選手のコメント。
「チャズ(デイヴィス)はもの凄いレースで…無敵状態でしたよ。序盤では、もの凄いペースだったし。ある時点で、ギャップを縮められるかなって思ったんだけど、あまりにも離されてたし、後ろのジョニー(ジョナサン・レイ)のことも気にかけてないといけなかったし。2位が2回だから悪くはないでしょ…マシンのフィーリングも上手く掴めてたし。」

★3位はサイクス選手のチームメイトのジョナサン・レイ。最良とは言えないセッティングレベルだったようで、ミスや走行ラインアウトが多すぎた。
レイ選手のコメント。
「けっこう嬉しいですよ。マシンのセッティングはけっこう良かったんだけど、全て万全って状態ではなくって。良い操縦はしてたけど、フロントに期待してたフィーリングの100%はなかったですね。うちのメカニックに感謝しないと…今週末はもの凄い作業をこなしてくれました。」

★アプリリア組も、チームメイト同士の競り合いを繰り広げ、ジョルディ・トーレスが4位、レオン・ハスラムが5位となった。

★ダヴィデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)はレース2でもスタートが悪く、その後、第2ラップで激しいハイサイド転倒を喫し、ジュリアーノ選手は3回転したものの、倒れた状態で全身の動かすことができた。

★第2ラップでシルヴァン・ギュントーリも転倒。転倒の経緯が奇妙で、ピットボックスに戻ろうとしていたアレックス・ロウズに、アウト側を走っていたギュントーリ選手が引っかかり、転倒リタイアとなった。

★第3ラップで小雨が降り出し、ウェットタイヤに履き替えたロウズ選手がコースに復帰したが、雨脚は強くなりそうでならず、結局、第9ラップでリタイア。

(2015年7月19日『Gpone』記事参照)


『2015 SBK ラグーナセカ レース2 リザルト』

sbk-2015-laguna-seca-race2.jpg


[チャンピオンシップ スタンディング]

sbk-2015-laguna-seca-championship.jpg

[amazonjs asin=”4779625394″ locale=”JP” title=”レーサーズ レーサーズ特別編集「’89WGP Part2 チーム編」 (SAN-EI MOOK)”]

デービス ダブル優勝!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP