SBK SuperBike

中須賀克行、SBKフル参戦の可能性!!

『SBK、ヤマハが時間かけ、メランドリ危機』

nakasuga-gpone.jpg


★今シーズンのSBKは、8月序盤のセパン戦から1ヶ月半後に、ヘレス戦(9月20日)が開催される予定。

★現在、各チームおよび各マネージャーは2016年に向けてのライダーのビーチサイドリーグを行っている。

★今年のビーチサイドリーグは、7月末の鈴鹿8耐レースでのヤマハ優勝が大きく影響している模様。

★ヤマハは2016年より新R1機と共にSBKに復帰する予定で、今のところ、英国チーム『Crescent』で参戦する可能性が高い。なお、同チームは、現在、スズキ機でSBK参戦している。

★イタリアのスナック菓子メーカー『Pata』は、『ホンダ・テン・ケイト』チームにスポンサー契約を更改しないと通達しているが、同メーカーが『Crescent』チームの支援をするかどうかは未定である。
『Pata』はこれまでホンダを支援することでブランディング戦略が保証されてきたが、ヤマハとの間に同様のコンディションは望めない模様。

★現在、『ホンダ・テン・ケイト』チームに所属しているシルヴァン・ギュントーリは『Pata』の強い後押しにより、SBKラグーナセカ戦(7/19)前には契約更改目前だったが、現在は状況が変わり、先のセパン戦(8/2)ではチームと契約更改についての話し合いはなされず、移籍先を探し始めている。

★ヤマハの新チームのライダー候補に、現在、同メーカーからの後押しで日本人ライダーのカツユキ・ナカスガ(34才)の名前が挙がってきており、かねてより候補となっているマルコ・メランドリのSBK復帰の可能性を脅かしている。

★メランドリ選手に近しい情報筋によれば、よもやのアプリリア復帰の可能性もあるとのこと。今年7月にメランドリ選手がアプリリア・モトGPチームから脱退後、両者の関係は良好とは言えないが、プライベートチームへの移籍となれば大きな問題にはならない模様。

★ナカスガ選手はヤマハのテストライダーを務め、今年の鈴鹿8耐レースではヤマハテック3のポル・エスパルガロおよびブラッドリー・スミスに何ら引けを取らずに活躍していた。ただし、SBK戦が開催されるサーキットの大半で走行経験がないと言う側面もある。

★ヤマハとしては、ベテランと若手ライダーの組み合わせを希望しており、若手の候補としてはアメリカの新星Cameron Beaubierや、アレックス・ロウズ(今季、『Crescent』チームよりSBK参戦中)の名前が挙がっている。

(2015年08月18日『Gpone』記事参照)
(2015年07月23日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B00IPG5J3E” locale=”JP” title=”クールコアタオル ブルー”]

ヘイデン選手もSBKだって言うし…楽しみ!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ミン より:

    ええ!?中須賀選手の参戦は嬉しいですが…HONDAとSUZUKIはこれどーなんだろ。後、中須賀さん日本に家族残してでの参戦だろうけど、お子さんまだ幼いのに大丈夫かなぁ。ギュントーリとファンデマークのためにHONDAさんには頑張って欲しいなぁ。そろそろCBRをFMCして欲しいところ。SUZUKIはモトGPとアジアに構うのも良いですが、アレックス・ロウズの無駄遣いはやめたげて!後、ヨシムラさんも頑張って!

  2. tomoru より:

    これは楽しみ!

    メランドリはBSBとかJSBはダメかな?

  3. 鈴鹿で中須賀ファミリー見たけど奥様凄い美人だったよ

  4. 蒼崎一希 より:

    家族の問題や未経験のサーキットが多い問題はあるけど、恐らく現時点で世界で一番新型R1での勝ち方を知っているのはこの男、中須賀選手ですよ!
    全日本チャンピオンとして是非とも世界で戦う姿を見たいです!

  5. kai より:

    年齢的にも世界で走るチャンスは少ないでしょうから、是非参戦して欲しいですね。
    ヤマハからの参戦と言えば、永井選手と芳賀選手がいましたから、同じように活躍してください!

  6. zzz より:

    国内には敵がいないし、年齢的にも最後のチャンスだろうから是非チャレンジして欲しいです。
    motoGPとは違うもう一つの最高峰での日本人の活躍が見たい!

  7. ヤマサ より:

    実現して欲しい。
    4年連続全日本チャンピオンなっても、世界戦に行けないようなら、夢がないんではないかと。

  8. ろしろれ より:

    英語全く話せないのでどうだろ?

    • とあるリッターのSS乗り より:

      英語に関しては、大治郎だって全く話せなかったし同じように通訳付けるんじゃないでしょうか?

  9. Tak より:

    でも、中須賀くんがSBKに行ったらM-1の開発は誰がやるんだ?
    って話にもなっちゃうし、実現はしないんじゃないかなぁ。
    SBKのシーズンを戦いながら日本に戻ってきてM-1の開発もこなしてってのはさすがにどっち付かずになっちゃうんじゃ見も蓋もないしって話しですよね。
    個人的には野佐根くんが来シーズン覚醒して全日本タイトル、そのままさ来年はスポット参戦。
    いい走りして再々来年にフル参戦ってのを夢見てるんですよね。
    Moto2行きは家族との事情で逃してしまったけど、彼には今でもぜひ世界で戦って欲しいと思ってるんです。

  10. ぽす より:

    開発は吉川くんでまだまだイケル〜 はず!
    全日本チーム内から メカ3人くらい連れていってほしいな

  11. GA より:

    本人が世界挑戦は興味無いって以前明言してたし
    M1の開発もあるから実際は難しいんじゃないかなあ

    メランドリかギュントーリ&若手で良いのでは

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP