MotoGP

『マルケスとロレンソのパフォーマンスには大きな違いが…』エルヴェ・ポンシャラル

『テック3のポンシャラル:マルケス、がっかりシーズン』

marc-corriere.jpg


★テック3チーム代表のエルヴェー・ポンシャラル氏が、2015年のマルク・マルケスについて『大変がっかり』と評した。

「私にとっては、マルク・マルケスと言うのは今なお感動的なライダーですよ。ホルヘ・ロレンソ並みに速いと思いますね…ただ、両者のパフォーマンスにはかなり大きな違いがあるが。
ホルヘが走っているのを見ると、タイムを見ない限りはタイヤに熱でも入れてるのかなって思えるものだが、マルクは…この世の誰もあれ以上に速くなんて走れないだろうなって思うものなんです。本当に、あれは感動もんですよ。モトGPのPR大使としては最高でしょ…火山爆発ものだし、このスポーツの価値を高めてくれたんじゃないんですか。」

【しかし、2015年のマルケス選手は転倒が多かったが…】
「マルクは『失敗から学んだ』って言ってたじゃないですか。実際のところは、それほどでもないんじゃないんですかね…2015年シーズンも転倒事故を起こすとよくそう言ってたが、その後もまた転んでいたしね。」

(2016年1月11日『La Gazzetta dello Sport』記事参照)


[amazonjs asin=”B00HV9UYVS” locale=”JP” title=”がっかり力 (アフタヌーン新書)”]

最近、出番が多いですねクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ryo より:

    ロレンソのライディングが恐ろしくスムーズということですね。
    M1に合ってるんでしょう。
    ロレンソはヤマハでしか輝けないような気がします。

  2. 111 より:

    火山爆発ものって、マルケスのモトクロッサーのような走りのことを言ってるのかな?
    ミシュランになったら、たぶん派手なスライドは見られなくなると思います。
    ひょっとしたら、ジャックがやるかもしれないけど。。 なぜか汗 ^^;

    コントローラブルなタイヤのスライドを前提としたブリジストンの方が、興行的に面白いと思うんだけど。ミシュランのタイムが少し速くなっても、ワンメイクタイヤじゃ意味ないし。

    ブリジストンが消しゴムとしたら、ミシュランはまさにゴムだと思います。

  3. りゅ より:

    確かに最近ポンシャラルさん露出が多いな・・・

    マルクの走りは速く見えるし実際速い
    ホルヘの走りは速すぎてゆっくり走っているかのように見えるのに速い
    まったく異なる魅力ですね。

  4. ペケ より:

    特にバレンシアの予選なんかはおっしゃる通り、ホルヘはスムーズ過ぎてタイムが表示されてなかったらタイヤを暖めて次週にタイムアタックか!?と勘違いしてしまう程でした。(タイムを見たら鳥肌もん)
    マルクは誰から見ても鬼スライドしていて激しく攻めているな!と納得してしまいます。しかし、それでもそれ以上のタイムを出すホルヘは映像ではわからない次元が違うライディングをしているのかなと思います。
    マルクは只々勝利を渇望し、自分よりペースが速いライダーがいると無理して着いていき限界がわからず転倒してしまう又は、限界を認識しているけど勝ちたい想いが勝って忘れてしまうのかなと分析しているので、その気持ちを抑えることができれば安定して来ると思います。しかし、マルクらしさが無くなりそれはそれで寂しい気もしますが・・・

  5. com より:

    速さの次元が全然違いますが、ホルヘのライディングは自分のようなヘタレなライダーも参考にできるぐらい無駄がない美しいフォームです。マルクは…ほとんど曲乗りのレベルですね。真似は絶対不可能です(笑)
    あそこまで滑らせなくてもマルクは速いと思いますが、限界ギリギリのナイフエッジのバランスで走る事が彼のレースに対するコンセントレーションの要素なのかな、とも。
    ブリヂストンよりフロントグリップが低いと言われているミシュランの特性に、マルクがどう合わせてくるのかが楽しみでもあります。

  6. maxtu より:

    マルケスの凄い所は転倒する時だと思ってまして(^_^;)
    限界なんだろうけどいきなりのハイサイドはほぼ無くて、ギリギリまで立て直そうとするぐらいマシンをコントロールしてるように見えます。見方によっちゃ危ないんだろうけどねぇ。
    でも、あんな転倒の仕方をするライダーは他にいない。

  7. motobeatle より:

    マルケスの走りで驚愕したのは、昨年のムジェロ スタート 1コーナーのブレーキング。
    フロントを滑らせダニを抜いて行った、超レイトブレーキング。
    車載映像もあるけど、まったく信じられない。

    昨年のパフォーマンスがどうこうというより、マルケスは以前と同じ様にやろうとしたけどマシンが合わなったというのが本当のところじゃないかな?

    一方で走りより、それ以外の部分で彼は大変でしたよね。
    その後の彼の態度は素晴らしいものだと思いますよ。
    一人の人間としても。
    まだ22~23の若者でしょ
    個人的にはデビューしていきなりチャンプ獲って連覇もした時は、鼻持ちならない感じだったけど、こうやって苦労しても前向きに進む姿を見ると共感を覚えますね。

  8. へも より:

    がっかりしてるようには読み取れんのだが・・
    ひたすら大絶賛してることしか言ってなくないか?
    インタビュアーがそう言いたいって感じはするけど。
    それとも別の記事に前編なり後編なりがあって
    がっかりって言ってるのかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP