MotoGP

ペドロサ『どんなコンディションでもタイヤを機能させなければ』2017ザクセンリンクGP

『ペドロサ…017ザクセンリンク決勝後コメント』

pedrosa-dom.jpg


★7月2日(日)ザクセンリンク決勝戦で、ダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー)が3位を獲得した。

★レースより午前ウォームアップの方が速かった。

★現在、総合5位で、首位とは26ポイント差となった。

★ペドロサ選手のコメント。

「表彰台って言うのは常に重要なものだから。ただ、ウォームアップではベストペースだったのにねぇ。
レース序盤は好調だったんです。フォルガーに抜かれた時は、後ろを付いて行くつもりでした。でも、少ししてリアタイヤが滑り出してしまって。通常、ここでこの手のトラブルが起きると上手くコントロールできるんですが、今日は駄目でした。どんどん引き離されてしまい…特に左折コーナーが酷かったですね。」

【全体的にはポジティブだった…】
「最終的には、こう言う厳しい週末でずっと速く走っていられましたからね。今年は予測不可能なシーズンだから、どんな状況にも対応できるようにしておかなければ。」

【そこがポイント?】
「ジャコモ・グイドッティ(※今年から組んだチーフメカニック)とも、どんどん互いに分かり合えてきたし、レース毎に学んでるんです。目標はどんなコンディションでもタイヤを上手く機能させること、そして、もっとコンスタントになることです。」

(2017年07月02日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”4594077307″ locale=”JP” title=”小さな巨人(上)”]

まだまだペドロサ選手もタイトル争いから外れていません!
[threecol_one]GOGOいいね!Prego[/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP