MotoGP

ヴィニャーレス『手札すべてで勝負した』2017シルバーストンGP

『ヴィニャーレス:今日は手札すべてで勝負した』

vinales-dom (2).jpg


★8月27日(日)シルヴァーストン決勝戦で、マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)がリアにソフトタイヤを選択し、2位を獲得した。

★首位ドヴィツィオーゾとは0.114秒差だった。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

【上位選手でリアにソフトタイヤを選んでいたのはヴィニャーレス選手だけだったが…】
「多少の懸念はありました。でも、賭けに出たわけじゃありません。今週末はずっとソフトで作業していたし、終盤ラップでプラスアルファのの力が出てくれることは分かってましたから。スタート後、無理せずに好ペースも維持できていたし、ヴァレンティーノ(ロッシ)を逃さないようコントロールできていたから。」

【その辺で、作戦が成功すると思っていた…】
「作戦を実行しました。優勝しようと、全ての手札を駆使して勝負に出たんですが無理でした。でも、嬉しいですよ。チームと一緒に成し遂げてきたことを誇りを思います。そのうえ、思い通りの操縦ができていたし。頭脳的なレースができました。」

【目の前でマルケス選手のエンジンが故障していたが…】
「ザワッとしましたね。オイルが漏れたのかと思ったんで。あそこのハードブレーキ地点では、いつもより30m手前でブレーキをかけたんです。ドヴィツィオーゾやヴァレンティーノに少し離されてしまいました。でも、その後、追いつけましたけどね。」

【こうして浮上できた分岐点はいつ?】
「先週日曜日のミザのテストです。あそこで電制システム作業を頑張ったんです。リアタイヤをあまり消耗させないよう改善できたんですよ。ただ、もっと前進する必要はありますけどね。とにかく、また好調に走れるようになったし、ポイントも少し挽回しました。あと6戦。何が起きるか分かりませんからね。」

(2017年08月27日『Gpone』記事参照)


『note』のモトGP枕話、無料で閲覧できます!
最新号は、ロッシ選手がなぜジベルナウ元選手へのオーバーテイクを忘れちゃったのかとか、スズキ機が大変な状態になってるとか。

[amazonjs asin=”B06XYBM3D9″ locale=”JP” title=”アライ(ARAI) フルフェイス RX-7X マーベリック 59-60cm RX-7X_MAVERICK59″]

[threecol_one]頭脳的ぃぃね![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP