MotoGP

スズキ、口ひげカウル:2017もてぎGP

『スズキ新カウル、GSX-RR機に口ひげ』

carena-suzuki1.jpg


★10月13日(金)、もてぎ戦FP1でアレックス・リンス(スズキファクトリー)が新カウルを使用した。なお、同セッションはウェットで、リンス選手は8位だった。
(※午後FP2ではアンドレア・イアンノーネも使用し、7位だった)

★9月末、スズキは2日間に渡るアラゴンテストで大量の新パーツを試し、今回の茂木で同カウルを披露してきた。

★スズキは今シーズン序盤、ウィング内蔵カウルを試し、その後、ドゥカティ機カウルの進化を目の当たりにし、同プロジェクトを見直した。

★ドゥカティやアプリリアのカウルの流れを踏襲しつつ、かなり個人的な嗜好に傾倒しており、人目を引いている。

★フロントカウル下部のスポイラーは波型の形状で、レギュレーションに則り、マッドガードの高さで閉じている。

★スズキがネット上に同カウルを紹介した際、『moustache(口ひげ)』と呼んでいた。

motogp-japanese-gp-2017-alex-rins-team-suzuki-motogp-5886066.jpg

(2017年10月13日『Gpone』記事参照)
(2017年10月13日『Motorsport.com』記事参照)


ロッシ選手の痛み止めとかの治療関係、親指ブレーキの話とかは、note無料閲覧でどうぞ!

[amazonjs asin=”B01IQPS8N6″ locale=”JP” title=”進化する巨大ナマズ”]

[threecol_one]ナマズ科のスズキィィね![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP