テック3決定、2018年末にヤマハ離脱

Pocket

『速報:テック3、2018年末にヤマハ離脱』

poncharal (1).jpg


★テック3チームが2018年末、ヤマハから離脱することを公表した。なお、同チームは別メーカーで、来年もモトGP/モト2への参戦を続ける。

★テック3チームはヤマハと20年間コラボレーションを続けてきた。

★テック3チームは1999年250ccクラス参戦からヤマハと組み、翌2000年に同クラスでオリヴィエ・ジャックシンヤ・ナカノがそれぞれ総合1&2位を獲得し、2001年にはチームと両選手ともども、そのまま500ccクラスに昇格した。

★ヤマハが2019年にプライベートチームを参戦させるかどうかは未定。

★ポンシャラルマネージャーは数ヶ月前から、ヤマハ離脱の可能性に触れていた

★ポンシャラルマネージャーのコメント。

「20年に渡るテック3とヤマハのコラボレーションを、一言で語るのは至難の業でしょう。
1998年にイイオ氏と会い、ヤマハと組む機会を与えていただきました。以来、共にもの凄い旅路を歩んできましたよ。
良い思い出やらビッグリザルトやら…ヤマハファミリーとは良い空気を作り上げ、素晴らしい感触を分かち合ってきました。一生忘れることはないでしょう。
もちろん、同コラボレーションに終止符を打つのは、私にとっては一大決心でした。ヤマハやツジ、ツヤ、ジャーヴィウス、ナカジマらに心から感謝してます。また、応援し、支えてくださった皆さんにも感謝してます。
テック3は小規模な会社であり、今後のことを見据えながら各種選択肢を検討していかなければなりません。当チーム発足以来、ずっと待ち望んでいたような条件を含むオファーを頂き、断ることなどできませんでした。
もちろん、ヴァレンシア最終戦の最終ラップを走りきるまで、うちはヤマハチームであり、ヨハン・ザルコやハフィス・シャーリンは間違いなく上位争いに加わっていくことでしょう。忠実かつ高い戦闘力のパートナーとして、ヤマハには信頼していただきたいと思ってます。
最後にもう一度、ヤマハに心から感謝いたします。今後のご活躍を期待しつつ、テック3の後任チームが見つかることを祈ってます。」

★コウイチ・ツジ氏(ヤマハ・モータースポーツ代表)のコメント。

「つい最近、エルヴェー・ポンシャラルよりヤマハと契約更改はしない旨を告げられました。話し合いの結果、将来に向けて新たなパートナーと組む意向だと言うことが明白でしたので、残念ながら、同決定を尊重せざるを得ませんでした。
このように順調に進んでいたコラボレーションを終了させるのは、いくぶん寂しさが付きまとうものです。長く続いた関係が終了すると言うことですからね。
エルヴェーのヤマハに対する忠誠心や助力、ここ最近の卓越したリザルトに心から感謝しています。2018年もテック3および同チームの選手らに最大限のサポートを続け、その一方で、2019年以降に向けての当チームの選択肢を検討していく所存です。」

(2018年02月22日『Gpone』記事参照)


ジョナス・フォルガーはレーサーをやるにはメンタルが弱すぎたって話は、無料閲覧『note』で!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

10 Responses to テック3決定、2018年末にヤマハ離脱

  1. 坂本八 2018年2月23日 at 12:26 AM #

    ここ最近の騒動で男を上げたポンちゃん
    応援するぞー!

  2. 鈴夫 2018年2月23日 at 12:28 AM #

    ロッシがMOTO GPチーム持ったらヤマハのマシンは使えなくなるから
    切られる前に切ったって事かな?

    新たなパートナーと組む意向って・・
    ザルコと一緒にスズキにこないかなぁ

    • aho 2018年2月23日 at 8:42 AM #

      スズキで開発含みのセミワークス?になるのかなあと私も思いました。殆ど願望ですが

  3. maxtu 2018年2月23日 at 2:46 AM #

    裏ではパドックの情報が飛び交ってるんでしょうね。
    2019年のライダー契約交渉と同時にヴァレのMoto GPチーム立ち上げが現実性を帯びて、ヴァレのYAMAHAワークス離脱、ザルコが後釜、フォルガーの契約問題やらでテック3は選択を迫られ…

    色々な事情が重なりあい単純な話しではなさそうな

  4. DK 2018年2月23日 at 8:44 AM #

    KTMからファクトリーマシンと金が出るからヤマハとは終わりってだけ

  5. へも 2018年2月23日 at 9:21 AM #

    ザルコもいるしKTMなんかな?。VR46がmotogpにって話しになればヤマハはドルナの支援をより受けられるんでそっちにつくだろうし。サテライトのないメーカーだとKTMがいちばん力を入れてくれるだろうし。ってことは、ロッシ引退が現実的になるってこと?それともファクトリを抜けて自チームで走るってこと? まあぜんぜん違う話が出てくるかもしれんけどw

  6. ラルフアンダーソン 2018年2月23日 at 10:59 AM #

    VR46は近々の参戦はなさそうですし、勝手な憶測になりますが、ホンダに不満を持っているMARC VDSがヤマハに切り替えるかもしれませんね。モルビデリもいますし。

  7. てんこもり 2018年2月23日 at 11:31 AM #

    これは明らかにKTMはザルコ目当てだな。YAMAHAにとってロッシの後釜はザルコで安泰だったのに。さてどうなるか。今年はライダーだけでも白熱した契約合戦になるにメーカーの切り替えも絡んだグチャグチャなストーブリーグになりそう。

  8. 111 2018年2月23日 at 3:32 PM #

    ポンちゃんは、ザルコを引き連れて他のメーカのサテライトになるのかな。
    ザルコのいないテック3は魅力ないしね。もしそうなら動かないでしょう。
    有力なのはスズキかな? ファクトリーマシン用意できるのか?
    ホンダは空きがないし、KTMはフレームなんとかしろって感じだし。

  9. 87 garage 2018年2月24日 at 6:52 AM #

    邪推します

    KTMでは、ブラッドリーくんを放出し、ヨハンくんを迎えたい。

    が!!

    テック3は、放出しないだろう…

    ならば!

    テック3にファクトリーマシンを出してヨハンをいただき同時に若手育成のセカンドチームとして活躍してもらいながらマシンの開発にも…

    というまさに一石二鳥ならず三鳥にもなる!

    しかも ワークス待遇ならテック3も納得。

    なあんて 流れかな…

    財力的にスズキでは無料だし…

コメントを残す

 

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Top