モルビデッリ『ホンダ機を理解するにはマルケスのように転ばなければ』2018カタールテスト

Pocket

『モルビデッリ:ホンダ機を理解するにはマルケスのように転ばなければ』

morbidelli3.jpg


★フランコ・モルビデッリ(ホンダ・マークVDS、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)がカタールテスト最終日を、12位(+1.103)で終えた。なお、総合順位は13位。

★同テスト最終日はルーキ勢トップだった。

★モルビデッリ選手のコメント。

「今回のテストも、これまでのプレシーズンも大満足です。この2〜3ヶ月で、これは簡単にアプローチできるようなマシンじゃないってことが分かりました。でも、然るべき方向に作業は進んでます。正しい操縦をし、改良を加えすぎないようにしながらマシンを改善してね。チャンピオンシップに向けて、そこは間違いなく重要な点でしょ。」

【得手不得手がはっきりしてきた?】
「ブレーキングとコーナー立ち上がりは厄介ですね。でも、直線コースでの操縦は簡単かな(笑)。」

【転倒していたが…】
「マルク・マルケス直伝ですから(笑)。マシンを理解し、限界点を探るには、転んで覚えるのが普通だから。
モト2時代は転倒が多いタイプではなかったけど、でも、モトGPではポテンシャルを把握するに必要なことですよね。」

【この数ヶ月、マルケス&ペドロサ選手のデータを研究しているそうで…】
「あの2人のデータは、僕にとって天の恵みみたいなものだから。2輪レースのバイブルを読んでるようなもんですよ。
もちろん、ヴァレンティーノ(ロッシ)からもヒントはもらえますよ。彼とはいつも一緒に何時間も走ってるから。もう、一緒に住んでるって言っても良いぐらいでね(冗)。
今年はライバル同士になってしまったけど、相変わらず友達であることに変わりはありません。」

【タイヤに関しては?】
「当初は新タイヤよりもソフトのユーズドタイヤの方が良い感じだったんですが、今日は高い戦闘力で走れました。
マシンのウィリー問題に関しても一歩前進できたんで満足してます。モトGP挑戦に向けて準備は整ってます。」

(2018年03月03日『Gpone』記事参照)


なぜロッシの契約交渉は長引いているのか?って話は、無料閲覧『note』で!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Top