ザルコ『タイヤのせいで戦えなかった』2018カタールGP

Pocket

『ザルコ:タイヤのせいで戦えなかった』

zarco-3-qat.jpg


★ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)がカタールGPの決勝戦で8位だった。

★ザルコ選手はPPスタートで、第1〜17ラップまで首位を維持した。

★昨年のカタール決勝戦でも首位を維持したものの、第7ラップ目で転倒リタイヤとなった。

★ザルコ選手のコメント。

「良い週末でしたよ。予選ではマシンへの信頼感が高く、PP獲得で僕の実力が裏付けされました。
レースでは強いスタートが切れ、冷静にレースマネージメントもできてました。」

【リズムも上手く刻めていたし…】
「手応えもしっかり掴めてました。リアをコントロールしながら、コーナー立ち上がりでは加速をフル活用するようにしてたんです。
ラスト7周と言うところで、もっと後続を引き離したかったんですが、フロントタイヤに問題が出て、レースにも影響が出てしまいました。」

【もっと詳しく言うと?】
「タイヤの右側が適切に機能しなくなったんです。がっちりと戦うことなどできず…それどころか、転倒の危険さえありました。
ああ言う状態でリタイヤすることを思えば、8位ゴールの方が絶対に良かったですよ。」

(2018年03月18日『Gpone』記事参照)


ザルコマネージャーが契約交渉の現況について激白!無料閲覧『note』で!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top