MotoGP

ロッシ『特にこれと言ったものはなかった』2018バルセロナテスト

『ロッシNO:テストでは特にこれと言ったものはなかった』

rossi-test (2).jpg


バルセロナサーキットで6月18日(月)、モトGPテストが行われ、ほぼ全選手が参加した。

★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)は同テストで14位だった。

★同テストでヤマハ勢トップはヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)の5位だった。

★ロッシ選手のコメント。

「特にこれと言ったものはなかったです。何か役に立ちそうなものが用意されてるかと期待してたんですけどねぇ。まぁ、トラックの方はそうは思ってなかったみたいだけど。」

【14位タイムだったが…】
「午前セッションの方がトラックはスピードが出てましたからね。ただ、ちょっと1台のマシンの方に問題があって、それに乗れなかったんですよ。」

【どんな物を試したの?】
「加速改善に向けていくつか試してみたが、正直なところ、改善できそうなものは見つかりませんでした。
電制システムに関しての新パーツもあったけど、とにかく、細かいところの物だから。」

【新しい燃料タンクについては?】
「異なるライディングポジションに役立つってだけで…まぁ、細かい点ですよね。今現在、役に立ってくれるようなものではないです。
今日は日曜レースとトラックのコンディションが酷似していて…路面温度が何度か高かった程度だったんですが、それほどパフォーマンスを伸ばすことはできませんでした。」

【ミシュランが用意してきた2019年用フロントタイヤは?】
「あれは悪くなかったですね。」

(2018年06月18日『Gpone』記事参照)


中上貴晶選手の契約更改については無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4768410138″ locale=”JP” title=”“期待という病”はいかにして不幸を招くのか―ルソー『エミール』を読み直す (いま読む!名著)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP