MotoGP

クラッチロー&中上貴晶コメント:2018バルセロナテスト

『クラッチロー:アッセンで表彰台を狙えるような実のあるテストだった』

cal (1).jpg


バルセロナサーキットで6月18日(月)、モトGPテストが行われ、ほぼ全選手が参加した。

★カル・クラッチロー(ホンダLCR)は6位だった。

★チームメイトのタカアキ・ナカガミは16位だった。

★クラッチロー選手のコメント。

「良い1日でした…馬鹿みたいに暑かったけどね。
色々と試してみて…電制システムとかミシュランの新フロントタイヤとか…このタイヤは将来的に助けになるでしょ。
1周タイムのことは気にかけなかったんすよ。とにかく、かなり実のあるテストができましたね。」

【アッセン次戦に向けては?】
「61周回こなして、今後のレースに向けて有用なデータを集めておきましたよ。次のアッセンの目標は、いつも通り表彰台っすね。あと、総合順位での貴重なポイントも稼いでいかないと。」

★ナカガミ選手のコメント。

「マシンのセッティングに関して、かなりの作業をしました。あと、マッピングに関しても。アッセンを念頭に入れてます。あの手のトラックは他にはなくって…コーナー進入が鍵になるでしょうね。」

(2018年06月18日『Gpone』記事参照)


中上貴晶選手の契約更改については無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4636861817″ locale=”JP” title=”【マンガでオペラ5】 さまよえるオランダ人”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP