Moto2 category

2018 ザクセンリンクGP【モト2:決勝リザルト&トピックス】

moto2-sachsenring-2018-brad-bi.jpg

『2018 ザクセンリンク モト2 決勝トピックス』

★7月15日(日)、ザクセンリンク戦(今季9戦目) モト2クラスの決勝が行われた。

★ここ2戦で起きた問題を回避するため、本日午前、ダンロップが全選手にリアにはハードタイヤ使用を義務付けた。

★首位ブラッド・ビンダー(KTM、アジョ)。モト2初優勝。南アフリカ国籍の選手が優勝するのは1980年ニュルブルクリンク戦250ccクラスのコーク・バリントン(カワサキ)以来ひさしぶりのこと。
ビンダー選手のコメント。
「今回、優勝できるとは思ってませんでした。でも、好スタートが切れたし、転倒も多かったんで、No.1トロフィーを獲得することができました。」

チームメイトのミゲル・オリヴェイラは4位(総合2位)。

★2位ジョアン・ミール(カレックス、マークVDS・エストレージャガリシア)。モト2キャリア最高リザルト。
ミール選手のコメント。
「キツかったです。暑さとタイヤ消耗のせいで…正直なとこと、ビンダーに追いつくのは無理でした。」

チームメイトのアレックス・マルケスは13位(マルク弟)。

★3位ルーカ・マリーニ(カレックス、VR46、ロッシ異父弟)。世界選手権キャリア初表彰台。負傷した肩が完治していないため、完走できないものと思われていた。
マリーニ選手のコメント。
「本当に嬉しいです。厳しい週末だったけど、楽しめましたよ。表彰台獲得でチームの努力に報いることができました。」

チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは12位(総合首位)。第2ラップで3位走行中、転倒したパジーニ選手を避けようとしてコースアウトし、25位まで降格。

★総合順位は1位バニャイア(148ポイント)、2位オリヴェイラ(141ポイント)、3位マルケス(113ポイント)、4位ミール(95ポイント)、5位バルダッサッリ(93ポイント)、6位ビンダー(91ポイント)。

★5位サム・ロウズ(KTM、Swiss Innovative Investors、昨年モトGP参戦)。
チームメイトのイケル・レクオナは19位。

★6位マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)。ホームレース。
チームメイトのシャヴィ・ヴィエルジェは7位。

★8位シモーネ・コルシ(カレックス、タスカ)。もうすぐ挙式。
チームメイトのフェデリコ・フリーニは23位。

★9位ファビオ・クアルタラロー(スピードアップ、スピードアップ)。左手を負傷し、痛みがあった。
チームメイトのダニー・ケントは転倒リタイヤ。

★10位ホルヘ・ナヴァッロ(カレックス、グレジーニ)。

★15位アウグスト・フェルナンデス(カレックス、ポンス、バルベラ後任)。
チームメイトのロレンツォ・バルダッサッリは第2ラップで転倒リタイヤ。

★16位ロマーノ・フェナーティ(カレックス、マリネッリ・スナイパーズ)。

★PPスタートのマッティア・パジーニは第2ラップで2位を走行中、第13コーナーでスリップ転倒リタイヤ。
チームメイトのアンドレア・ロカテッリも転倒リタイヤ。

★ライドスルーはテツタ・ナガシマ(ホンダチーム・アジア)と、Xavi CARDELUS。

★転倒はステファノ・マンズィ、ナガシマ選手。

(2018年7月15日『Gpone』記事参照)
(2018年7月15日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 ザクセンリンク モト2 決勝リザルト』

moto2-gara-2018germania.jpg


『2018 ザクセンリンク モト2 総合順位』

moto2-2018germania-worldstanding.jpg


ロッシ選手の新しい彼女さんが遂に沈黙を破り、「愛し合ってますがなにか?」って言った話とかは無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B06XBNYPZY” locale=”JP” title=”珍食材シリーズ 南アフリカ風カンガルーのカレー”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP