2018 ザクセンリンクGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

Pocket

moto3-sachsenring-2018-jorge-m.jpg

『2018 ザクセンリンク モト3 決勝トピックス』

★7月15日(日)、ザクセンリンク戦(今季9戦目) モト3クラスの決勝が行われた。

★転倒多発。

★首位ホルヘ・マルティン(ホンダ、グレジーニ)。ラスト7周はライバル陣より安定して0.3〜0.4秒速かった。
マルティン選手のコメント。
「物凄く良いレースでした。本当に上手いこと作業してこれましたよ。チームメイト(ディ・ジャンナントニオ)がちょっとアグレッシブでねぇ…ぶつかってきたのは分かりました。さいわい、転倒せずに済んだし、追い上げても行けたし。こうやって勝つのは最高ですね。」

チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオはレース中盤の第1コーナーで、先行していたマルティン選手との衝突を避けるべく強いブレーキをかけたところ、転倒リタイヤ。

★2位マルコ・ベッツェッキ(KTM、Redox PruestelGP、VR46ライダーズアカデミー)。3列目スタートから追い上げた。
ベッツェッキ選手のコメント。
「嬉しいです。あのアッセン(転倒)の後、また表彰台に上がれたんだから。難しいレースでした。特にレース終盤でタイヤがタレてしまって。マルティンに喰いついて行こうと頑張ったけど、難しかったです。最高のレースでしたよ。これからちょっと夏休みに入って、その後、また、頑張りますよ。」

チームメイトのヤコブ・コンフェイルは7位。

★3位ジョン・マクフィ(KTM、CIP)。ライバル陣よりリアに柔らかめタイヤを選び、賢いレース運びだった。
マクフィ選手のコメント。
「ウォームアップの時に好リズムを刻めてるって分かったが、タイヤが最後まで保つかどうか分からなくて…ミディアムにしたところ、レースの間ずっと走りやすかったです。」

チームメイトのステファノ・ネパは21位(最下位)。

★総合順位は1位マルティン(130ポイント)、2位ベッツェッキ(123ポイント)、3位カネ(92ポイント)、4位ディ・ジャンナントニオ(91ポイント)、5位バスティアニーニ(84ポイント)、6位ロドリーゴ(65ポイント)。

★4位マルコス・ラミレス(KTM、Bester Capital Dubai)。
チームメイトのジャウメ・マシアは6位(ルーキー)。

★5位アロン・カネ(ホンダ、エストレージャガリシア)。
チームメイトのアロンソ・ロペスは第7コーナーで転倒リタイヤ(ルーキー)。

★8位フィリップ・エッテル(KTM、Sudmetal Schedl)。ホームレース。

★9位ラウル・フェルナンデス(KTM、アジョ)。ダリン・ビンダー代役。ダッラ・ポルタと接触後、みごとな追い上げを果たした。

★10位アユム・ササキ(ホンダ、Petronas Sprinta)。
チームメイトのアダム・ノロディンは11位。

★13位ロレンツォ・ダッラ・ポルタは13位(ホンダ、レオパード)。
チームメイトのエネア・バスティアニーニはロペス選手に接触され、第7コーナーで転倒リタイヤ。

★14位ニコロー・ブレガ(KTM、VR46)。

★15位カズキ・マサキ(KTM、RBA)。
チームメイトのガブリエル・ロドリーゴは転倒リタイヤ。

★16位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのタツキ・スズキは転倒リタイヤ。

★18位カイト・トバ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)。

★転倒はアルベルト・アレーナス(第12コーナー)、アイ・オグラ(ワイルドカード)。

(2018年7月15日『Gpone』記事参照)
(2018年7月15日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 ザクセンリンク モト3 決勝リザルト』

moto3-gara-2018germania.jpg


『2018 ザクセンリンク モト3 総合順位』

moto3-2018germania-worldstanding.jpg


ロッシ選手の新しい彼女さんが遂に沈黙を破り、「愛し合ってますがなにか?」って言った話とかは無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top