Moto3 category

2018 セパンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】



『2018 セパン モト3 決勝トピックス』

★11月4日(日)、セパン戦(第18戦目) モト3クラスの決勝が行われた。

★首位ホルヘ・マルティン(ホンダ、グレジーニ、今季チャンピオン決定)。今季7勝目。総合2位ベッツェッキ選手と12ポイント差でスタートし、結局、26ポイント差でタイトル獲得。
マルティン選手のコメント。
「これまでの人生、この結果に辿り着くため、厳しい時期も乗り越え、常に集中して頑張ってきました。」

チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは6位。

★2位ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは3位。モト3キャリア24回目の表彰台。

★総合順位は1位マルティン(240ポイント)、2位ベッツェッキ(214ポイント)、3位ディ・ジャンナントニオ(205ポイント)、4位バスティアニーニ(166ポイント)、5位ダッラ・ポルタ(151ポイント)、6位カネ(128ポイント)。

★4位アルベルト・・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)。
チームメイトのアンドレア・ミーニョは16位(VR46ライダーズアカデミー)。

★5位マルコ・ベッツェッキ(KTM、Redox PruestelGP、総合2位、VR46ライダーズアカデミー)。
ベッツェッキ選手のコメント。
「なんて言えばいいのか…頑張ったけど負けてしまいました。全力で頑張ったけど駄目でした。
応援してくれた皆さんに感謝してます。でも、彼が勝って、僕は負けたんです。あんなに踏ん張って頑張ってきたのに。」

チームメイトのヤコブ・コンフェイルは20位。

★7位ダリン・ビンダー(KTM、アジョ、ブラッド弟)。

★8位トニー・・アルボリーノ(ホンダ、マリネッリスナイパーズ)。インフルエンザで高熱。
ワイルドカードのマカール・ユルチェンコは17位。

★9位タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)。
チームメイトのニッコロー・アントネッリは10位(VR46ライダーズアカデミー)。ケガで茂木&豪戦は欠場。

★11位マルコス・ラミレス(KTM、Bester Capital Dubai)。
チームメイトのジャウメ・マシアは豪戦で負傷し、1日(木)に出走許可が下りなかった。

★12位カイト・トバ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)。
チームメイトのナカリン・アティラプワパは14位。

★15位カズキ・マサキ(KTM、RBA BOE Skull Rider)。
チームメイトのガブリエル・ロドリーゴは豪戦で負傷し、1日(木)に出走許可が下りなかった。

★18位アユム・ササキ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)。
チームメイトのアダム・ノロディンは23位(最下位)。転倒。予選の3セクター以上で低速走行をしたため、ペナルティによりピットレーンスタート(今季3回目ゆえ重罰)。

★22位Apiwath WONGTHANAN(KTM、VR46マスターズキャンプ)。ワイルドカード。

★VR46チームはデニス・フォッジャ(マクフィ&ロペスとの接触に巻き込まれた)もチェレスティーノ・ヴィエッティ(序盤、3位走行中に第9コーナー)も転倒リタイヤ。

★アロン・カネ転倒リタイヤ。

★ステファノ・ネパも予選の3セクター以上で低速走行をしたため、ペナルティによりグリッド12順位降格。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


『2018 セパン モト3 決勝リザルト』




『2018 セパン モト3 総合順位』




フィリップアイランドこぼれ話…
マルケス選手は卓球は弱いとか、ペトルッチ選手は考えすぎるとか話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B01M0EK4LF” locale=”JP” title=”マルテン かつおしょうゆ200ml×20本セット(1ケース)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP