MotoGP

クラッチロー、セパンテスト参加は未定

View this post on Instagram

Only one “pro” here boys … @markcavendish @petekennaugh

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)がシェアした投稿 –

『クラッチロー、セパンテスト参加は未定』

★カル・クラッチロー(ホンダLCR、33才)は、2月6〜8日に開催されるセパンテスト参加がいまだ確定していない。

★クラッチロー選手は昨年11月、フィリップアイランド戦FP2で右足首を複雑骨折および脛骨を負傷し、2度の手術を受けた。

★クラッチロー選手の右足の骨折は脛骨が2ヶ所、腓骨が1ヶ所で、距骨は16片に砕けていた。

★クラッチロー選手は2月初めのセパンテスト参加を目指し、早期回復のためカリフォルニアでリハビリに励んでいる。

★クラッチロー選手は昨年11月のヴァレンシアおよびヘレステストは不参加だった。

★負傷から6週間経過した際、自転車走行に問題はなかったものの歩くことができなかった。歩き始めた途端に腱に炎症が生じたため、2週間ほど歩行禁止となった。

★クラッチロー選手のコメント。

「回復に向けてあらゆることをし、今は歩けるようにはなりましたよ。
ネットで『ピロン骨折』ってネットで検索すると、全治12ヶ月って出てくるから。1年は歩けないってことっすよ。もっと何度も手術を受け、一生つきまとってくるみたいでねぇ。
そう思えば、僕なんかかなり上手いこと回復した方でしょ。周囲に優秀な人達が揃ってたから。
もちろん、足首はがっちり安定した感じっすよ。ただ、オートバイに乗れるほどがっちりしてるかと言えば、どうなんだか…。
まぁ、日常生活の中でならオートバイに乗ってみようなんて思わないだろうねぇ…あいにく、僕でも無理なんだから。」

★なお、クラッチロー選手が負傷した地点でダニ・ペドロサも転倒しているが、大きなケガもなく自力で立ち上がっていた。
同事実ついてクラッチロー選手は次のように述べている。
「とにかく、運の問題なんすよねぇ。こっちは左足首捻挫に右足首骨折だって言うのに。
これがリスクってもんだから。この仕事の一部なんでね。」

★ホンダはセパンテストに向け、マルク・マルケスは左肩の手術を12月に受けたばかりで100%の状態とは言えず、ホルヘ・ロレンソは左手首骨折により不参加となった。また、クラッチロー選手の参加も確定していないため、現在、万全の状態でテストに挑めるのはタカアキ・ナカガミだけとなる。
なお、ナカガミ選手は昨年11月のヘレステストで総合首位タイムを記録している。

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ペドロサ元選手について、ミック・ドゥーハン談とか、なぜワイルドカード参戦しないのかとかは無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B018S5PYTK” locale=”JP” title=”藤沢商事 アーモンドフィッシュ 7g×40袋”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. 頑張れ日本 より:

    中上に19年型を‼︎

  2. maxtu より:

    HONDAは満身創痍だけど中上にとっては大チャンス

    しかし、カルは心配だねぇ…リハビリ期間ちゃんと取らないと引退後にも響くぞ

  3. 774 より:

    スズキもチャンス!
    ・・・と思ったところでリンスが転びそう。

  4. 696rider より:

    この後もKの法則発動に気を付けな(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP