Moto3 category

フェナーティ、マックス・ビアッジチーム移籍

『フェナーティ、マックス・ビアッジチーム移籍』

★マックス・ビアッジ元選手が率いる『Max Racing Team』チームが2020年、ロマーノ・フェナーティ(23才)とアロンソ・ロペス(18才)でモト3参戦することを発表した。

★フェナーティ選手は2018年にモト2参戦していたが、ミザノ決勝戦中の危険行為により『Snipers』チームを解雇され、2019年には同チームに復帰してモト3クラスに参戦している。
2020年はモト2クラスへの再挑戦を希望していたが、ビアッジチームマネージャーの説得に応じ、モト3残留を決めた。

★なお、現在、フェナーティ選手のマネージメントはアンドレア・イアンノーネおよびその父兄が担当している。

★ロペス選手はエミリオ・アルサモーラ(マルケス兄弟マネージャー)のライダースクールで学び、2018年より『Estrella Galicia』チームでモト3参戦している。

★今シーズン、『Max Racing Team』チームのアロン・カネがモト3クラスでタイトル争いをしており、現在、総合首位と2ポイント差で2位に就いている。


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


バウティスタ選手がドゥカティ社長と移籍について舌戦を繰り広げてるって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP