MotoGP

マルケス『転倒は自分のミスによるもの』2019ブリーラムGP

『マルケス:転倒は自分のミスによるもの』

★10月4日(金)のブリーラムGP、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)が午前FP1で3位、午後FP2で6位だった。FP総合は6位。

★マルケス選手はFP1で激しいハイサイド転倒を喫し、検査のため病院へと搬送された。

★マルケス選手がFP2終了後、次のように話した。

【FP1での転倒は?】
「もの凄い衝撃で…しかも、けっこう変な転倒だったんですよね。地面に叩きつけられた時、ちょっと混乱してしまって。5秒ほどのことだったんですが、20秒ぐらいに感じられました。
その後、メディカルセンターに向かいながら徐々に回復し、到着した時にはもう大丈夫な状態でした。」

【その後、病院で検査し、午後のFP2に参加していたが…】
「病院へ行ったのは、医師陣ができるだけ状況を把握するため精密検査を受けておいた方が良いってことだったんです。
とにかく、僕が大丈夫だってことが一番重要だし、唯一の問題はFP1後のブリーフィングができなかったことですね。」

【転倒についてのデータを見て、何か分かった?】
「ええ。病院から戻ってすぐ、なぜ転倒したのか調べてみました。新タイヤを履いてボックスから出たばかりの時で、いつもよりゆっくり走ってたんですが、多分、路面が少し汚れていたのでしょう。
転倒した地点では、通常、アクセルを完全に閉じたことがないんですが、あの周回ではそれをやってしまい…エンジンブレーキがかかって、リアが流れてしまいました。
僕のミスで、技術トラブルではありません。アクセルを完全に閉じることができるほどタイヤが仕上がってないことに気づくべきでした。
タイミングの悪い場所でミスってしまったんですよね。」

【骨折はしていなかったそうだが、FP2はどうだった?】
「セッション序盤は背中がちょっと痛かったけど、集中してたら気にならなくなりました。骨盤と膝もちょっと痛むんですが、折れてはいないんで。」

【転倒のせいでFP総合6位となってしまったが…今後の予定に響いてきそう?】
「いいえ。作戦はそのままです。転倒した時は別にプッシュしていたわけじゃないですから。アラゴンの時と同様、FP1終盤にソフトタイヤを使い、FP2ではレースペースに集中していきますよ。
転倒でマシンが完全に壊れてしまったんで、今、チームが懸命に作業をしてくれてます。FP2までには間に合わなかったんですよね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


1日トレーニングしてもらうならコーチは誰が良い?って話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. いたたわ万歳(浅) より:

    私の乏しいレース観戦の記憶の中ではあんなに壊れたバイク見たこと無い。

    ビニャーレスさんが乗り換え練習してたと思ったら明日も明後日も高確率の雨予報なのですね。
    バイク一台でいいのかな。
    組むのかな。
    予報当たるのかな。
    て言うかお顔が鬱血してるようにも見えましたけどお体は‥‥。

    背負うものが多い男は弱音は吐きませんね。

  2. maxtu より:

    これだけポイント引き離してるんだから大事をとっても誰もが理解するだろうに
    こんなところがスタッフ、クルー達からも信頼されるのだろうな
    王者として相応しい

    ただ、打ち身は次の日に影響出たりするからお大事に

  3. kaz より:

    とにかく大事に至らなくて何よりでした。

  4. SL より:

    こえーなーマルケス…余裕でポイントリードしててもこういうのがあるから油断できない…

  5. ジージ より:

    やっぱりフロント過重に変な癖が有りそう。
    それにしてもマルクは柔軟性が有るのか、大転倒も大怪我が無い!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP