Moto2 category

バスティアニーニ『とにかく長島の方が強かった…』2020カタールGP

『バスティアニーニ:長島の方が強かった…』

★3月8日、カタールGPモト2クラス決勝戦でエネア・バスティアニーニ(イタルトランス)が3位だった。

★バスティアニーニ選手がレース後、次のように語った。

【エンジンが、他の選手のマシンのようにプッシュしてくれなかったと言うのは本当なの?】
「ちょっと馬力が足りない感じがして…直線コースでは抜けないどころか、常に抜かれっぱなしだったんです。バルダ(バルダッサッリ愛称)相手に苦戦してしまったんですが、まぁ、最後は互いに楽しめましたけどね。
次のレースではどうなるものか…エンジンをもっと強くできるかどうか様子を見ていかないと。」

【モト2クラスでは初の1列目スタートだったが…】
「前からのスタートは助けになりますよね。ただ、レース中盤でちょっと順位を落としてしまったけど。
けっこう厳しかったけど、それでも序盤ラップではタイヤを温存できました。今後もFP/予選で上手くやっていかないとね。」

【カレックス使用のライダーの中では珍しく、ライド・バイ・ワイヤー(電気信号でアクセルの情報を伝達するシステム)』を使ったそうで…】
「テスト中は使わなかったんですが、今回、また付けてみたんですよ。アクセルを開ける時…エンジンがプッシュし始める時は、良い感じなんですよね。」

【ナガシマ選手が独走逃げ切り体勢に入ってから、バルダッサッリ選手とはばみ合いをせずに助け合っていたなら…優勝争いができた?】
「どうだろう…そうは思いませんけどねぇ。終盤ラップでは、僕らより(長島の方が)速かったから。
確かに、バルダとは互いにちょっと邪魔し合っていたけど…協力してたからと言って、(長島を)抜けたとは思いませんね。」

【今後の目標は?】
「1戦ごとに考えていかないと。重要なのは良いレースをして、表彰台に上がることですね。あとは、シーズン終盤になった時、チャンピオンシップでどの辺にいるかでしょう。」

【現在、イタリアは新型コロナウィルスで大変なことになっているが…】
「僕はリミニに住んでいて…レッドゾーンなんで、家に帰ったらどうなってしまっているものやら。物凄く残念なことだけど、とにかく注意して、今まで以上に用心していかないと。
本当に皆さん、頑張って下さい。今後もこうして生きていくわけだし、楽なことではないけれど、でも、上手く対応していったら切り抜けられるだろうから。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ダニ・ペドロサにKTMがまたワイルドカード参戦のオファーをしたって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP