Moto2 category

モトGPエンジン使用数が変更、モト2/モト3プライベートテスト禁止

『モトGPエンジン使用数が変更、モト2/モト3プライベートテスト禁止』

★グランプリコミッションが5月22、27日にビデオ会議を行い、新型コロナウイルス禍におけるモトGP/モト3クラスの最大使用エンジン数などを新たに定めた。

★エンジン数を変更した理由は、今シーズン、何レース開催できるか不明なため。

★エンジン数に関する変更事項は以下のとおり。

モトGPクラス

2020年の開催レース数が11戦までの場合

・優遇措置を受けないメーカーは、ライダー1名につきエンジン4基まで使用可能。
・優遇措置を受けているメーカー(KTM、アプリリア)は、ライダー1名につきエンジン6基まで使用可能。

2020年の開催レース数が14戦までの場合

・優遇措置を受けないメーカーは、ライダー1名につきエンジン5基まで使用可能。
・優遇措置を受けているメーカー(KTM、アプリリア)は、ライダー1名につきエンジン7基まで使用可能。

モト3クラス

2020年のモトGP開催レース数が11戦までの場合(※カタールGPを含む)、2020年および2021年は1シーズンとみなされ、2年間で最大使用エンジン数を9基とする。

2020年のモトGP開催レース数が12戦までの場合(※カタールGPを含む)、2020年および2021年はそれぞれ別シーズンとみなされ、1シーズンの最大使用エンジン数は以下のとおり。
・12〜14戦までの場合は、ライダー1名につき4基。
・14〜18戦までの場合は、ライダー1名につき5基。

★また、モト2/モト3クラスは2020年、プライベートテストの実施が禁止とされる。
これは、各チームにより収入格差があるため。また、現状においてサーキットまでの移動に制限があるため。なおかつ、両クラスのタイヤサプライヤーであるダンロップにとって、プライベート用タイヤの供給が困難であるため。


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


カピロッシ&メランドリのドゥカティ離脱裏話については有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP