MotoGP

ロレンソは完全復帰を諦めたわけではない

『ロレンソは完全復帰を諦めたわけではない』

★ホルヘ・ロレンソは今年1月末、ヤマハとモトGPテストライダー契約を結び、本来ならば6月初めのバルセロナGPにワイルドカード参戦していたはずだったが、新型コロナウイルス禍の新規則により今シーズンのワイルドカード参戦は全面的に禁止となった。

★ロレンソ選手が最近のインタビューで、次のように語った。

「今は人生を謳歌してるところで、気持ちの折り合いが上手くついたと思うんですよ。昔に戻りたいとは思わないし、また特別な感触を取り戻すためにマシンに乗る必要はないですね。
あと、どこからも(参戦オファーの)連絡が来てないと言うのも事実なんです。まぁ、もし来たら、どうなるかは分かりませんけどね。もし来なくても、いずれにせよ、満足した気持ちではいられるだろうし、もし来たら、話は聞くつもりですよ。
もし自分で(復帰の)可能性が感じられるようなら、タイトル獲得に挑めそうな場合のみ、その可能性に乗ってみるでしょうね。」

【現在は、ヤマハ機の開発に貢献するのが唯一の目標のようだが…】
「僕の役割は、以前とは完全に変わりましたから。現在の目標はヤマハ選手のタイトル獲得ですからね。」

【今年のヤマハ機はどんな感じ?】
「エンジンはそれほど改善されていないです。2016年に僕が乗っていたマシンのテレメータと比較してみたところ、それほど違いはなかったんで。」

【今年のセパンテストで貴方は2019年版マシンのみに乗り、一方、2020年版は馬力が上がったと言われているが…】
「良いことですよね。ただ、あのマシンは4年前と大体似たようなものですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


ロレンソ始め、ドゥカティはライダー管理が上手くいってないのでは?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ジョルジョ99 より:

    ホルヘがどう未来を決めるのか?本当に分かりませんねぇ?父ヨのコメントが真実なのか?
    昔のヤマハ関係者からヴァレのドカ移籍の際、ベン・スピーズの他に開発得意のベテラン検討もされたらしいけど、ホルヘの開発能力が意外と高くて、ファクトリーライダーの件はホルヘ後押しも有って、最終的にベン加入が決まったと聞いたなぁ、ヤマハは分かっていそうだけど来季以降ホルヘをどうするのかなぁ。

  2. 暇人18号 より:

    motoEとか新しい分野のレースにチャレンジしてみるのも面白いかも

  3. ボルティメーター3周目 より:

    スズキに乗れ!

  4. maxtu より:

    今年はウィルス騒動で皆んな走ってないから条件は同じだけど、丸一年ブランクが空くとコンディション的にキツイって言われるからねぇ
    やはり現実的じゃないよね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP