MotoGP

イアンノーネ判決は8月以降、シーズン序盤〜中盤は欠場の危機

『イアンノーネ判決は8月以降、シーズン序盤〜中盤は欠場の危機』

★アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー、30才)はドーピングにより国際懲戒裁判所より18ヶ月の失格処分が科せられたが、その後、『TAS(スポーツ仲裁裁判所)』へ控訴している。

★マッシモ・リヴォラ氏(アプリリア・レーシングCEO)が、最近、次のように話した。

「現在、待機中なんですよ。8月には」『TAS(スポーツ仲裁裁判所)』から回答があればと思ってるんですが…そうすれば、アンドレアの欠場は最低限の回数で済みますから。
もちろん、けっこう厄介な状況ではありますよ。当初、アンドレアに罪はないと言われてたんですから。」

【『WADA(世界ドーピング防止機構)』も『TAS(スポーツ仲裁裁判所)』に控訴し、イアンノーネ選手の失格処分を4年に延長するよう求めていたが…】
「他のドーピング案件の多くでは協会がもっと迅速に動いているんですが、うちの場合は昨年の12月中旬に連絡が入り、年が明けて6月になっても最終判決が出ていない状況なんですよ。
あえて不満を言うなら、関係当局でかかっている時間の長さでしょうかね。裁判自体は短縮してやってもらえると良いんですが。」

【楽観的な展望でも、イアンノーネ参戦はせいぜいシーズン終盤のみとなりそう?】
「アンドレアは法定で無実を証明してみせたんです。裁判所も無実に言及してますしね。
ですから、アンドレアの面目を保つことができると、自信を持って考えていますよ。」

★なお、イアンノーネ代役として、ブラッドリー・スミス(テストライダー)が控えている。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


クアルタラローがファクトリー昇格について、ヤマハとどうやって交渉したかって話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. スネ夫 より:

    apriliaさん、世界人口約80億、探せばイアンノーネ(NPD)以上の逸材なんて1人ぐらい見つからないかな?

  2. へほへも より:

    Facebook側のコメントに代役であの人が出ますとか書いてて「まさかビアッジ!」と期待して来たらスミスだった(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP