MotoGP

ポル・エスパルガロ『今シーズンは一致団結していかなければ!』

『エスパルガロ:今シーズンは一致団結していかなければ!』

★ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)は2021年に向けてホンダファクトリーと交渉中であり、移籍はほぼ確実と見られている。

★6月19日、ポル・エスパルガロが次のように話した。

「僕ら皆、大喜びしてるんです。今年、レースはないだろうって思ってた時期だってあったんですからね。そんなことないって言う人がいたら、嘘だと思いますね。
数ヶ月前には、もう2021年の話をしてたって言うのに、ドルナが懸命に奔走してくれて、2020年の予定が立ったんですから。」

【今のところ、欧州外レースは未定だが…】
「そうですね。本当に残念です。世界中にこのスポーツを伝えていきたいですからね。
でも、日程が決まっただけでも喜ばないと。けっこう厳しいスケジュールで、3連戦なんて、もう、子供の遊びじゃないぞって感じですよね。
体力的にキツいだろうし、とにかく気をつけて、ケガをしないようにしないと。」

【どんなシーズンになりそう?】
「ミスするわけにはいきませんよね。なおかつ、各レースで速い走りを維持しないと。とにかく、回数が少ないんだから。
すべてにおいて、きちんとしておかないと。何か起きた時、ライダーのせいだけとは限りませんからね。チームやマシンとか、特定のスタッフの責任だったりとかね。
全員が集中していくべきだし、いちばん重要なことは一致団結していくことでしょ。とにかく、厳しいシーズンになるだろうから。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


クアルタラローがファクトリー昇格について、ヤマハとどうやって交渉したかって話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP