MotoGP

ロッシ、ヤマハと直接契約

『ロッシ、ヤマハ・ペトロナスでもう2年続投』

★ヴァレンティーノ・ロッシがペトロナスチームから参戦するため、ヤマハと直接契約を交わした。ヘレス開幕GP(7/17〜19)で公表される予定。

★1年契約(2021年)で、もう1年(2022年)のオプションが付いている。

★ロッシ選手はヤマハファクトリーより100%のサポートを受け、ファクトリー選手2名と完全同一マシンを使用することとなる。

★なお、チームメイトとなるフランコ・モルビデッリは、ペトロナスチームとの直接契約となる。

★ロッシ選手は今年、世界選手権参戦25回目となり、今のところ、27回目まで記録を更新できそうである。
また、ジャコモ・アゴスティーニの優勝回数122回記録を、更新できる可能性もある(※現在、ロッシ選手は115回)。
なお、ロッシ選手は2017年アッセン戦より優勝していない。

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


ロッシ選手のスタート前儀式…何を考えているのか?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 半世紀 より:

    タイヤメーカーの変更と電子制御ユニット統一による退化から迷走してきたM1もようやく正常路線に戻った様子。
    イレギュラー開催の今年と来年が言い訳無しのポテンシャル勝負になるでしょう。
    退路を断っての1年契約にdoctorの本気を感じます。
    あなたの本気をしっかりと瞼に焼き付けながら応援します。

  2. maxtu より:

    結局YAMAHAとの直接契約が落とし所になったワケか
    延長オプションはヴァレに優先権があるのでしょうね?
    ヴァレの1+1契約はそのまんまマリーニのGP昇格も左右するわけか…進路が不安定になるから可哀想な気がするけどねぇ

    まぁヴァレにはやれるところまでやって欲しい
    ダメならシーズン途中でリタイヤしたっていいじゃない
    まずは早めに1勝して8つの勝利が可能ってことを見せつけて欲しい
    逆に言えば2021年までに1勝もできないようなら決断するかも

  3. 通りすがり より:

    冬のテストでタイヤの問題が相変わらずだったからなぁ
    どうなるのか

  4. TTSY より:

    出る前に負ける事考えるバカいるかよ!

  5. ハンス より:

    冬のテストでは好調のヤマハ勢の中で一人取り残されていた感じでしたから、シーズンが始まってもこの調子だと、かなりキツイでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP