MotoGP

ホンダ『アレクス・マルケスの件は最初から全て想定されていた』アルベルト・プーチ

『プーチ:アレクス・マルケスの件は最初から全て想定されていた』

7月13日、ホンダファクトリーとポル・エスパルガロが2年契約(2021/2022)を結んだこと、また、アレックス・マルケスは今シーズンのみホンダファクトリーから参戦し、2021年よりホンダLCRに移籍することが公表された。

★アルベルト・プーチ氏(ホンダHRCチームマネージャー)が同件について、次のように話した。

「昨年、ヴァレンシアでホルヘ・ロレンソが引退する意向だと言うことが判明した際、我々は早急に後任ライダーを探さねばならず、アレックス(マルケス)に白羽の矢を立てました。モト2タイトルを取っていましたからね。もし取っていなかったら、こう言うチャンスは与えなかったでしょう。
(アレックスと)1年契約にしたのは、あの時はそうすることしかできなかったからです。ホンダLCRに干渉したくはなかったからで…LCRの体制が揺らぐようなことはしたくなかったのでね。あそこはホンダにとって大変重要なチームであり、かなり助けになってくれてますから。とにかく、あの時、干渉するわけにはいかなかったのですよ。」

【それで、アレックス選手をホンダファクトリーの方へ入れた…】
「モトGPに昇格したルーキー選手にとって、ホンダファクトリーが最適なチームとは限らないだろうと言うことは承知してます。当然のことながら、まずプライベートチームで少し経験を積んでからの方がベターでしょうからね。
将来的にアレックスは興味深いライダーと思ってますが、その一方で、モトGP参戦2年目もファクトリーでプレッシャーに苛まれると言う状況から解放してやった方が良いと思いましてね。
そのうえ、マルク・マルケスのチームメイトとして参戦すると言うのは、兄弟であろうが誰であろうが難しいことですから。
いずれにせよ、アレックスのことは今後も手元においておきたいのですよ。興味深いライダーですから。それで、その一方で、ファクトリーにはポル・エスパルガロと言う、より経験豊富なライダーを加えることにしたわけです。」

(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)
(Photo:Instagram


マリーニ&バニャイアがマルケス転倒持ち直しについて分析している話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. デカシロ より:

    すんなりと入って来ない。

  2. maxtu より:

    最初からマルケス弟がLCR入りしてれば真っ当なマネージメントには違いない
    ただ核心には触れておらず、もし、今年のレースが通常通り開催されてマルケス弟が強い走りをしていてもポルIN→カルOUTだったのか?
    体制継続は無かったのか?
    なんだけどね

    まさかロレンソの失敗が結果的にカル放出に繋がるとは想像もつかなかったなぁ…一時はワークス入り候補にも上がってたのにね
    GP歴史上、稀に見る怪談

  3. 名無し より:

    カストロールとモンスターエナジーがスポンサーのクラッチローがレプソルとレッドブルが付いてるファクトリーに移籍するなんてややこしいでしょ。それこそアレックスをファクトリーからデビューさせる方がシンプルで真っ当なマネージメントだと思うけど。

  4. Nobby より:

    そう?私はすんなり受け入れられます。
    ホルヘが辞めたいと言い出したタイミングでは妥当なライダーは居なかったので、シートを埋めるためにLCRへの昇格を1年前倒ししてレプソルに呼んだのだろうと。

    元々マシンへの不満を公言しておりHRCに印象の悪かったカルは2019型で苦戦してしまい更に状況悪化、ホルヘと同じ直4→V4で苦戦して開発を投げたザルコもないし・・・

  5. RF400 より:

    ホルヘが突然やめてバタバタしただけで、
    ホント計画通りって感じですよね。
    なかなか良いラインナップが確保できたように見えます。
    LCRに行くことが都落ちなのではなくて、レプソルに入ったことが想定外の飛び級なのだから、然るべき形に戻しただけであって、おかしなところは何もありませんよね。
    コロナがなくて、アレックスが今年いい成績を残したら??
    ポルかアレックスをLCRにしてフルワークススペック提供すればあんまり変わんなくないですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP