MotoGP

バニャイア右脛骨骨折、靭帯OK、早期回復

『バニャイア右脛骨骨折、靭帯OK、早期回復』

★8月7日(金)、チェコGP モトGPクラスのFP1で、フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・プラマック)が第1コーナー転倒し、その後、病院での検査の結果、右足の脛骨骨折が判明した。

★骨折箇所は膝に近く、なお、合併症は起こしていない。

★バニャイア選手のコメント。

「さいわい、膝の靭帯に影響はなかったので早く治るようです。明朝、イタリアへ帰国し、できるだけ早く手術を受けます。」

★アンコーナの病院で手術を受ける予定。実際に靭帯への影響がないことが確認されたら、関節鏡によっての手術となる。

★プラマックチームは、ブルノ戦にバニャイア代役は立てない。

★なお、オーストリア第1戦も欠場と見られている。

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(Photo:Instagram

POSTED COMMENT

  1. SL より:

    今年は絶好調でいけそうだったのに…

  2. もっきー より:

    ほんと、今年はサバイバルシーズンになりそうですね。
    過酷な状況下でいかに転ばないか、ケガをしないかがカギになるのかな

  3. 9191 より:

    バニャイアはイケメンだと思う。

  4. FATフレディ より:

    好事魔多し…残念だけど早期回復を願ってます

  5. Clark Nova より:

    マルケスみたいに術後即ハードトレーニングとか走行しちゃ駄目だぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP