MotoGP

ドヴィツィオーゾ『総合首位に近づいたが、浮き沈みが激しい…』2020スティリアGP

『ドヴィツィオーゾ:総合首位に近づいたが、浮き沈みが激しい…』

★8月23日(日)、スティリアGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が5位だった。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

【なぜ同じトラックで優勝した翌週、表彰台争いもできなくなってしまうのか?】
「今日のレース1の方は、本当にかなり奇妙な状況だったんですよ。FPセッションで、リアにミディアムをはいてかなり走り込んで、常に順調だったんです。ところが、(レース1では)スタートした途端、上手く機能していないことに気づき…その後、状況はどんどん悪化していったんです。」

【ミシュランには確認してみたの?】
「分析してみなければならないと言われました。今は、これ以上の発言は控えさせて下さい。何かがきちんと機能していなかったことに間違いはないと思うんで。
レッドフラッグは、僕としてはラッキーでしたね。ソフトタイヤにしてみたら、状況は普通だったんで。ただ、3列目スタートと言うのに足を引っ張られてしまって…とにかく、抜いて行けないんです。
問題は、ここのトラックだとブレーキングのラインが1つしかないってことなんですよ。だから、誰かの後ろに入ると思い通りのブレーキングができなくなってしまい、自分の強味を活かすことができなくなってしまうんです。
しかも、コーナー立ち上がりで苦戦してたんで、オーバーテイクの準備ができない状態だったんですよね。」

【最終ラップではミスをして、ジョアン・ミールに抜かれてしまい…】
「オリヴェイラに引き離されてはいなかったんで、なんとか追いつこうと第3コーナーで無理をしたら膨らんでしまいました。」

【総合2位を固持し、いまや首位クアルタラローとは3ポイント差だが…】
「良い状況ですね。ただ、こう浮き沈みが激しいと言うことは、上手く乗り切っていけない可能性があるから…結局、良い状況とは言えないんですけどね。
ここ4〜5年、ずっとコンスタントに走ってこれたんで、ちょっと珍しい状況なんですけどね。なぜそうなってしまうのかは分からないけど、好ましいとは言えませんよね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

離脱を公表後に優勝したドヴィ…なぜドゥカティの歴史は繰り返されるのかって話はnote『オーストリアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ume14 より:

    絶対王者がいないとこういう展開になりますよね
    ドヴィ向きなレースが続くハズ、頑張れ~

  2. maxtu より:

    なんだかんだポイント取って浮上してるんだから流石というか

  3. nav. より:

    なんだかんだで僅か3ポイント差だ。
    勝とうが負けようがお構えなしにポイントだけ稼げばチャンピオンになれそうだよー。

    それこそ、真のチャンピオンとは呼んでもらえなさそうだけどw

    レースに勝ってその結果のランキング1位か、
    堅実に高順位でレースを仕上げるか。
    ファンは前者を望むことが多いだろうし難しいなぁ。
    攻めた結果の順位ならまだ納得出来るけどね。

  4. とおりすがり より:

    >それこそ、真のチャンピオンとは呼んでもらえなさそうだけどw
    どうして?

  5. おしりプリプリ より:

    アルサモラは0勝でチャンピオンですよ?

  6. www! より:

    各社、手前の商品を売りに繋げるために頑張るわけですが

    ミシュランは更に買いたくなくなった。

    ブレーキも日本製信者でしたし。

    ktmも・・・

    ヤマ・・w

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP