MotoGP

『スズキのプライベートチームは2022年に参戦させたい』ダヴィデ・ブリヴィオ

『ブリヴィオ:スズキのプライベートチームは2022年に参戦させたい』

★8月23日、スズキのダヴィデ・ブリヴィオ氏(チームマネージャー)が、伊サイトインタビューで次のように話した。

[ 前半はこちら ]

【ところで、2022年に向け、スズキ内で色々と模索し始めているそうで…】
「そうなんですよ。プライベートチームを作りたいと言う希望を出しておきました。ただ、うかつに口にするのもねぇ…もう何年も前から言い続けてることだから。
もう1つチームがある方が自然だと思うんですよ。情報ももっと収集でき、開発もスピードアップするでしょうからね。
ドルナには話してあるんですが、2022年に参戦させるのが理想的でしょうね。ドルナと各チームの間で新たに契約が交わされる時期ですから。
うちとしてはやってみたいと思っているし、パドック内でも話題にしてはいるんですよ。詳しいことを訊いてくる人もいて…それなりに関心は持たれているようですよ。
ただ、プライベートチームを作ることが義務と言うわけではないんですけどね。」

【貴方はヴァレンティーノ・ロッシと長い付き合いなのだから、VR46がプライベートチームになるなんて可能性は?】
「うちはプライベートチームを作りたいと思っているので、今後はうちと組んで一緒にやっていきたい人間を見つけないとならないわけでね(笑)。
今のところ、パドック内でああだこうだと話題にしてますけどね。」

【スズキは絶賛成長中だが、おもに何に依るところが大きいの?】
「パッケージのバランスが実に上手く取れているからでしょうね。冬期間中、エンジンパフォーマンスを改善すべく努力し、また、新フレームも導入したんです。複雑化してしまわないよう、ごく普通の進化形にしてね。
現在、マシンは実に良く曲がるし、直線コースでも上手くディフェンスできてるんです。あと、ライダー陣も成長しましたしね。
ミールは去年はルーキーだったが、今年はもう違うわけだし、リンスは冬期間中、実に良く努力してましたね。変化が見て取れますから。あいにく、ヘレスで負傷はタイミングが悪かったですけどねぇ。
マシンはどこのトラックでも好調だし…まぁ、少なくとも、そう願ってるんですが…とにかく、すべてを上手くまとめ上げていかないとね。」

[ 完 ]


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Twitter

グリーンゾーン問題で、珍しくスズキチームマネージャーが怒りの声を上げたって話は、note『スティリアGPまとめ』でどうぞ!

ブルノ&オーストリア、スティリアの『GPまとめ』3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. バーバ より:

    Team SKY SUZUKI (VR46)
    良いね!

  2. POP84 より:

    スズキのセカンドチームとのデーターの共有と言うと型落ちでなく新型車となるわけで、
    供給マシンのリース料とか考えるとセカンドチームの資金的な裏付けも必要となり、コロナによる経済の後退もあって前途多難ですね。
    2022年頃に状況が回復していることを願うばかりです。

  3. ミル より:

    修さんが許可しないと思います。
    まだそういう立場にいるのであればの話ですが。
    スズキがプライベートチームを作ることは
    想像できません。でも作るならシュワンツを
    監督にしてあげてください。

  4. あめま より:

    運営チームは明るい未来設計を立てているようですが、現在の世界情勢で果たしてスズキがセカンドチームなど出来るのでしょうか?
    motoGP参戦自体出来なくなるメーカーが出てくるのでは??
    スズキ・ヤマハあたりは2021年末で撤退しそうな気がします。

  5. ハンス より:

    スズキがセカンドチーム・・・・とても良いけど現実は難しいな。
    会社の規模がホンダほど大きくない上、ヤマハの様に2輪が本業のメーカーでもないからね。むしろ修会長の一声で撤退まで有り得る。

  6. GG より:

    KTMがやってんだからやって出来ないことはないでしょうよ。

  7. 3MA より:

    VR46なら実現できそうな気もするけど、肝心なスズキにスポンサーを含む予算的余力が乏しい気が・・・。
    スズキに余力が有ったらMotoGPよりWSBKの方が手を出しやすいと思うんだけどね。
    まぁどっちも当分無いだろうな。

  8. ns より:

    ロッシ引退→ロッシ監督VR46チームMotoGP参戦
    こはドルナがなにがなんでも実現させるだろう
    問題はどこのメーカーがサポートできるかってことで、普通に考えればヤマハ
    でもサテライト2チームは厳しい
    じゃあスズキ?
    ヤマハがロッシを手放すわけがない
    じゃあ、スズキサテライトにSRT?

    いくらヤマハが手放したくなくても、いまの体たらくだと、SRTがヤマハを見限ってスズキになるんじゃないかと思う

  9. ume14 より:

    スズキは会長が元気なうちは無理でしょ~(笑)
    皆さんがおっしゃる通りコロナで参戦すら怪しくなりそうです

  10. スペンサーレプリカ より:

    スズキは昨年レーシングカンパニー「SRC」を設立させているから本気ではあったんでしょうが、コロナでどうなるものか。。。

    ヤマハの今のロッシに来する寛容な姿勢を見てるとロッシがヤマハから離れるのは無い気がしますね~。

    アプリリア撤退でグレシーニ・スズキってのは意外とあるかも。ファウストグレシーニさんは昔故加藤大二郎選手を擁して250ccタイトルもとってるし、鈴木竜生選手が希望するスズキ入りもグレシーニ・スズキが出来たら期待できるかも。

  11. WR#1 より:

    皆さんが仰っていますように、現在の世界情勢では、スズキがセカンドチームを作るとなると、セカンドチームに余程のビッグスポンサーが付かない限り難しいかなと、素人目で見ても感じます。
    現在参戦中のチームだと、マレーシアの大企業で、モータースポーツに積極的で資金も豊富な『ペトロナス』がスポンサーのSRTをヤマハからスズキにスイッチするよう働きかけるのが、セカンドチーム結成の最善策かなと考えます。
    ヤマハもロッシ引退後、またロッシ自身も引退後、お互いのパートナーシップを継続したいでしょうから、ヤマハのセカンドチームにVR46が収まるのがベストかな…というのが個人的希望ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP