MotoGP

中上貴晶、クラッチローに反論

『中上貴晶、クラッチローに反論』

★ホンダ勢の、先のスティリアGPのリザルトおよび総合順位は以下のとおりであり、現在、ホンダHRCはタカアキ・ナカガミに注力し、表彰台獲得を狙っている

7位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR、総合6位:46ポイント)
16位アレックス・マルケス(ホンダファクトリー、総合15位:15ポイント)
17位カル・クラッチロー(ホンダLCR、総合21位:7ポイント)
18位ステファン・ブラドル(ホンダファクトリー、総合23位:0ポイント)

★カル・クラッチローは最近、ナカガミ選手の活躍は2019年版マシンを使用しているからであるとし、2020年版マシンの方はコーナー進入で曲げるのが困難であると主張している。

★ナカガミ選手がクラッチロー選手の主張に対し、次のように反論した。

「(クラッチローは)1年間の開発を経たマシンに乗ってるわけですよね。(2019年版マシンの方が良いと主張するのは)おかしな話でしょ。
最新マシンと言うのは常に上手く機能するものだとは言いませんよ。僕は(最新の)ファクトリー機に乗ったことが一度もないと言うのもありますけどね。この2年間ずっと、1年型落ちのマシンに乗ってきてるんですから。
でも、最新ファクトリー機に乗れるチャンスがあったら、僕は今より速く走れると思うんですけどね。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Twitter

スティリアGP決勝戦を左右した4つの鍵については、note『スティリアGPまとめ』でどうぞ!

ブルノ&オーストリア、スティリアの『GPまとめ』3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. 巴投げ より:

    「新しいのがいい」って言い続けていないといつまでもお古をあてがわれますしね。
    多分に政治的な発言で、本気で「反論」してるかどうかは怪しいもんです。
    元記事の記者はよりセンセーショナルな見出しをつけて煽りたい、間に受けて踊る読者も一定数いる――こういう手口がなくならない所以ですわ。

  2. ポム より:

    自信が出てきましたね。いい傾向です。
    中上さんにとってクラッチローはきっと、
    昇格してから面倒を見てくれた大切な先輩だと
    思うんですよ。だからこういう反論とかは
    出来ればしたくないんじゃないかな?
    いつかお互い引退した時、仲良くお酒でも飲んでくれたらなぁって、、

  3. SL より:

    クラッチローの棚上げ芸は相変わらずだけど言いたいことはわかる。
    一方の中上も自信を持つのはいいけど実際新型に乗ったらわからんぞ…

  4. ミラノマルコ より:

    おっしゃる通り。セットアップの問題ではないでしょうか❓

  5. えいぼう より:

    昨年夏に中上が1年落ちじゃなく、来期 最新ファクトリー機に乗りたいって言ったとき
    まだ早いんだよ若ぞー的なコメントしてたクラ老。
    もういいでしょ。ずっとHRC最新ファクトリー機乗り続けて、このていたらくだよ。
    もういいでしょ。

  6. えいぼう より:

    ほっとけ中上君
    もうじき引退だよ。たぶん、アプリリアもとらないから。
    来期は外野スタンド。

  7. toshi より:

    そんな訳ねぇだろ、知らんけど。ってのはどうだろ。
    まぁ中上選手の言いたい事はわかるし多分正しいだろうけど。クラッチローは毎年の事じゃないのかな?でも意見出来るだけの立場と自信があると言う事なら今後更なる成長が見込めますね!偉そうな事言ってしまったけど、早く君が代が流れてほしいです!

  8. 田中 より:

    ノイズは気にせず、目の前のレースに集中。
    ミサノも期待してる。

  9. ybr より:

    変なこと言われてると思ったら、言い返したったらいいと思う。

    最新ワークス乗って結果見せたったらいいさ!

    言うのは簡単、
    本当に大変やと思うけど、頑張って下さい!
    応援してます日本のエースよ

  10. チッチョリーナ より:

    クラッチローにセッティング能力が無いだけだろう。
    バイク取り代えっこすれば?
    中上にすればいじめっこの刺激を受けながらホンダワークスの手厚いサポートも受けられて成長するには最高の環境じゃん(笑)

  11. マロン より:

    まったくその通り。よく言った。
    これからも中上選手応援します!

  12. チャオ より:

    前はクラッチロー中上の関係て、イイ先輩後輩の間柄だったけど
    ある時、中上がクラッチローをパスしたのが気に食わずそれ以降は
    壁作っちゃったよね。まあ出て行くヒトと、期待を背負うヒトの差って
    事か。それでもブリティッシュライダーはドルナ的にはクラッチロー
    に目掛けてるからアプリリアかドゥカの3番手チームには入れるんじゃ
    ないかな。中上選手はチャンピオンシップに集中だ。

  13. BWH より:

    クラッチ老・・・もとい、クラッチ郎のボヤキはいつもの事だから特に気になりませんけどね。
    何だかんだ言っても、タカの実力は認めているのでしょう。
    今現在、タカがトップ6に居る事は彼自身が予想していた事でしょうし。
    ま、カピ&アラーダの関係を思うと、数年後にはマブダチ♡って事もあるんじゃないっすかね~

  14. タディの星に願いを より:

    博一もダニの代役でレプソルから走った時、最新ファクトリー機に自信を見せてましたから、中上のいってることそうだと思います

  15. GG より:

    Mr.ビーンには好きに言わせておけばいいさ。中上くん。リザルトで見せてやろうじゃないか。

  16. maxtu より:

    まぁ、チーム内でこんなツマらないネタを提供するからHRCはカルの放出決めたんだろうねぇ
    ナカガミが結果を出し続ければカルのコメントは誰も相手しなくなる

  17. へほへも より:

    言え言え、中上!じゃあ次戦バイクかえっこしない?とか言うたらどう反応するんやろ(笑)

    でも本当の所どっちの型がええんやろ。比較対象になるライダーがもう一人位いないと…年寄と期待はずれ新人じゃ外野からの検証は難しい…

  18. 名無し より:

    最近ちょっと中上が良い位置走り始めて、クラッチローがLCRで何度も表彰台獲得したことを忘れたような口ぶりの人多いですね。
    中上がクラッチさんに勝ってるところは転倒が少ない点しかまだないと思うんですが。

  19. 名無し より:

    >名無しさん
    別の名無しです。まぁ現在速いのはタカの方ですからね。でもかつての優勝経験者があの走りっていうのは、ライダーだけのせいとは思えないですよね。その上未来も見えないんだから、荒れる気持ちはわかります。

  20. tunya0w0@gmail.com より:

    カル様毎年言ってません?去年も今年の機体乗りにくいんだよみたいなことボヤいてた気がする。
    2019年機だからじゃなくて交換しよーよって言ったら好感度下がらなかったなぁ

  21. ノリ より:

    去年のマルクのデータ使えるのは凄く大きいから能力的に証明できるのは表彰台に数回乗ってから!

  22. おトッツァンドレ-マルケス より:

    まぁ、はじかれて出て行く立場となったカル。ボヤキが出ても仕方ないよね。優勝もしてるし、貢献度も高かったのにね。同情するけど中上選手は関係無いので。それから老の当て字は失礼では?まだ30代前半なんだから。一般社会じゃバリバリ若手。

  23. かんな より:

    「成績が出ないときは環境のせいにしたいものさ」くらいに留めておけばいいのに。中上くんさんも若いねぇ。

  24. Regz より:

    クラッチローは、中上選手に対して去年も同じこと言ってたよね。

  25. 今でも大ちゃんファン より:

    純粋に疑問です。
    日本人選手なので中上選手を応援したいのですが、勝負の世界、結果や実績がまだ出てない中上選手に期待できる要素はどこなんでしょうか?
    当時を知ってる人なら、説明しなくてもわかると思いますが、大治郎選手、玉田選手、中野選手などなどがGPで大活躍してた時を考えると、初年度から今の中上選手の成績以上を記録していないと期待はできないなぁと思いながら観ているのですが・・・

  26. マッター より:

    トップカテゴリーに日本人が居るってだけで万々歳なんだけど。
    で、ノリックや大ちゃんに重ねて夢を見させてもらってます。
    頑張れタカ!

  27. キャンディヘッド より:

    今でも大ちゃんファン さん

    こんばんは。僕も大ちゃんは大好きですよ。
    ホンダの本社でのお別れにも行きました。
    不躾ながら個人の見解を述べさせて頂きます。

    中上くんの期待できる要素は、去年型とはいえマルク専用機と言われるRCVで
    前戦あわよくばPP、スズキ、ドカティと渡り合っているところじゃないでしょうか?
    去年までの成績は確かに厳しいものでしたね…
    でもホンダのマシンは決して専用機ではなく、構造が特殊だから操縦も違うんだと
    個人的には思っています。

    大治郎選手ひとりを例にとりますが時代が違うから比較は難しいと思います。

    大ちゃんは高校生の頃からHRCのライダーでしたから。
    少年の頃から才能を見込んで、世界一のメーカーがレース、開発、テストで持てる
    全てを注ぎ込み、大型車対応のための8耐参戦とフルサポートです。
    大ちゃんの才能であればそれは大活躍しますよ。

    一方中上くんはホンダの秘蔵っ子には変わりませんが、海外武者修行やカップ戦、
    ワークス体制でない全日本など参戦環境としては大ちゃんには到底及ばないです。
    今のmotogp界はオーディションシステムがあったりスポンサーも無視できない。
    そしてマシンの進化もあります。
    すでにGP500よりmoto2のほうが速い。motogp機はさらに速いので。

    中上くんと大ちゃんの才能が、どっちがどうとかは僕にはわかりません。

    ともあれ、
    彼も今年が正念場でしょうから、暖かく見守ろうが、厳しく見下そうが
    いろいろと動いていくんじゃないかな?と思っています。

    活躍すれば嫌でもレースで見ることになるでしょうから、僕はそれを期待します。

    コメント投稿するか、しばらく固まっていましたが、することにします。
    失礼しました。

  28. 名無し より:

    カルについて、去年も同じこと言ってたって言ってる人は何が言いたいんですかね?去年は乗りにくいと言いながらも時折良い走りしてたし表彰台にも乗ってたよね?
    >今でも大ちゃんファンさん
    普通に去年から今シーズンにかけて結果出してますから。初年度の17年型は乗りにくくて、あまり速くないということでしたし。あとはクラッチローが苦労した19年型で速く走れてるのも評価されてるんじゃないですかね。

  29. キャンディヘッド より:

    間違いがあったんで、訂正します。

    大ちゃんは高校出てからHRC入りですね。

    記憶で語るのは良くないな笑
    たしか学生のうちにRSからNSRに乗り換えたので、その印象で話をしました。
    間違いです。失礼しました。

  30. 今でも大ちゃんファン より:

    今日は富沢選手の命日ですね!

    キャンディヘッドさん

    回答ありがとうございます。

    今と昔は違うと言う話やコメントを見たり聞いたりしますが、育った環境の問題のことなんですね。
    今の日本のバイクレース人気を考えたら育てることじたいが厳しいのはしかたないですね・・・
    今季はマルクのデータ研究にマルクチームスタッフも付いてくれたりで開花の光が見え出したのはありますが、レース後をみてると体力の消耗が半端なさそうなので、体力がつけばさらに上にいけるのかな?
    マルク復活のあとスタッフが戻りどうなるか?
    ほんと正念場ですね!
    それにしても、出光もスポンサーなら中上選手のポスターくらい作って全国のスタンドに貼るとか宣伝すればいいのになぁ。
    今年は哲太選手の活躍、モト3ライダーも日本人が少しずつ活躍飛躍しだしたので昔みたいにワクワクさせてくれると楽しいですね。

    名無しさん

    回答ありがとうございます。
    今の中上選手はスタッフもマルクのデータも全て得ている状態なので、昨年のカルと比べれないのかなと・・・
    マルク復活のあと、スタッフがもとに戻ってからが今年の評価に繋がるのかな?

  31. キャンディヘッド より:

    日が変わってしまいましたが、富沢くんのご冥福を祈ります。

    若井さん、大ちゃん、あとノリック、永井さん(yamaha/sbk)も

    今でも大ちゃんファンさん

    いえいえ。ご理解賜り感謝です。

    中上くんもメーカーに育成された訳でなく、
    自分で勝ち取って上がって来ているので、実力は疑いないと
    僕は思っています。ただライバルたちも只者ではないので笑

    HRCがちょっといじったら化けるんだから、
    RCVより中上貴晶のほうが凄いんじゃないかと
    そんな考え方もあったり、なかったり。

    あくまでも個人の見解です笑

    週末が楽しみですね。それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP