MotoGP

クラッチロー『棄権するかどうか…明日決める』2020サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP

『クラッチロー:棄権するかどうか…明日決める』

★9月11日(金)、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP モトGPクラスのFP2でカル・クラッチロー(ホンダLCR)が20位だった。なお、FP総合は19位である。

★クラッチロー選手は2週間前に右腕の腕上がり手術をしたばかり。

★クラッチロー選手のコメント。

「良くないっすね。問題は腕にかなりの体液が溜まってるってことで…そのせいで、かなり腫れてしまって…。
走り心地はそれほど悪くないんだけど、トラックに出る度に腕がどんどん腫れていって…良い状況とは言えないし、医師陣も心配してるし…。」

【棄権の可能性も?】
「FPセッション後、医師陣に話してみたところ、とりあえず、明日の午前セッションに出てみるってことになりました。
本来なら静養が必要で…腕は完治はしてないんだから。とにかく、なにがベストかを見極めないと。まぁ、明日、どうなるかってことで…。」

【操縦する分にはどうなの?】
「マシンのコントロールは上手くできてますよ。腕力には問題ありませんね。ただ、腕の腫れが異常なんすよ。
体液がどんどん出てはいるのに、外には漏れてこないもんだから。医師陣がなんて言ってくるもんか…。」

【ところで、路面の陥没に大勢から不満が出ているが…】
「去年よりグリップはかなり良くなってるけど、ただ、陥没の方は最悪でね。第3コーナーなんか特に酷いかな。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ブルノ&オーストリア、スティリアの『GPまとめ』3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. 半世紀 より:

    カルさん、傷口が塞がるまではやめとこ❗️

  2. maxtu より:

    残りのシートが無くなりつつあるから走りでアピールしたいだろうな
    無理しないで、とは言い難いからベストを尽くして欲しい

  3. ZC33S より:

    今年程、レース前のメディカルチェックの無意味さが表に出たシーズンは無いと思う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP