MotoGP

ロッシ『コロナは重いインフルエンザって感じ…』

『ロッシ:コロナは重いインフルエンザって感じ…』

★10月15日(木)、ヴァレンティーノ・ロッシが新型コロナウイルスに感染していることが公表された。

★16日(金)午前10時30分頃、自宅隔離中のロッシ選手が伊ラジオ番組のインタビューで次のように話した。

「イライラ感はいまだ引きずってます。今、FPセッションをTVで観ていたところでね。気温が低いようで…寒すぎなんですよ。オートバイで走るには危険でしょ。まぁ、もっと低くなってくれると良いんですけどね(笑)。
ああ言うトラックはグリップがいまいちで、タイヤに熱が入らないんですよ。周回ごとにタイヤを暖めるよう、ゆっくり走らないとならないんですね。」

【最近、ツイてないようで…】
「レースでは3戦連続転倒してしまい…ル・マン戦なんかは、なぜ転倒したのか分からなくってねぇ。
危険なコーナーはいくつかあって…弱みになってしまうコーナーとでも言うか…。例えば、右折8コーナーに左折4コーナーだから、左折の時はタイヤが冷えてるんですよ。
つまり、50センチ膨らむとか、いつもと違うことをやっただけで転倒してしまうんです。」

【転倒するとキツいのでは…】
「ル・マンの転倒は時速60kmでのスリップ転倒だから、それほどキツくはないんですよ。まぁ、強打して、恐怖心が出てきてしまうこともありますけどね。
転倒すると、まず『これでリタイヤか…』って思いながらムカついて…あとは、ケガをしたかしないかで変わってくるんです。どこか痛んだりすると、また違う問題が出てきてしまうわけでね。」

【ル・マンではすぐに起き上がっていたが…】
「すぐにマシンを起こしたものの、ちょっとマーシャルらと揉めてね…コースの外に連れ出そうとするもんだから。
再スタートしようと2回押してみたんだけど、マーシャルがそばにやって来て、まるで『どこに行く気なの?』とでも言いたげにペダルに手をかけてくるんですよ。」

【ドルナ実施のコロナ検査が陰性だったのに、24時間後にコロナ特有の症状が出てためタヴッリャから出発しなかったそうで…】
「それはそれでツイてましたよ。アラゴンで1週間〜10日隔離ってことになっていたら、ベランダから飛び降りてたかもしれないから。
まず火曜日に従来の検査をやって陰性だったんですよ。だから、その時点では出発できたわけでね。ところが、水曜の夜から木曜の朝にかけて、身体の節々や背中が痛み、頭痛がして、37.6度の熱が出てしまったんです。
それですぐに簡易検査をやったら陰性で…ところが、その後、きちんとした方の検査もしたところ、陽性だったんですよ。」

【木曜の夜にはフェデリカ・ペッレグリーニ(イタリアの競泳選手)のコロナ陽性も公表され…】
「彼女にはメッセージを送っておきましたよ…『コロナウイルスも目が肥えてるね』って書いてね。ペッレグリーニに僕、それから、クリスティアーノ・ロナルド、イブラヒモビッチでしょ…照準を上げてきてるじゃないですか(冗)。
重いインフルエンザって感じでね…ずっとコンスタントにふしぶしの痛みと頭痛が続くんですよ。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ル・マン&アラゴン2戦の『GPまとめ』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. だーと より:

    元気そうですね。

  2. SL より:

    復帰できても体力もどすのが大変そう…

  3. maxtu より:

    クリロナ、ズラタンが感染で照準を上げる…確かに(笑)明らかにスーパースター狙い

    慎重になってアラゴン入りしなかったのは良い判断でしたね
    元気そうだからリモート出演でヴァレ、マルケスのダブル解説なんてどう?

  4. 鯖通り より:

    スーパースターだから仕方ないとは言え、療養中の仕事は程々にした方が良いと思いますが…。

  5. 馬14 より:

    さすがロッシ面白いね~(笑)
    どんなスポーツでもレジェンドはこうでないと!
    やっぱり引退なんてまだまだ早いぞ!

    早く治してサーキットに戻ってきてください

  6. ざんばじ~る より:

    もっと重い症状かと思ったらラジオに~
    予想以上に元気そうでホッとした。
    復帰が待ち遠しいですね。

    幸い(?)今年のロッシはチャンピオン争いしてないから
    ジョーク交じりのインタビューだけど、もしランキングトップだったら!?
    コロナで今年のチャンピオンが決まったら最悪だな・・・

  7. 半世紀 より:

    年甲斐も無く「ロッシロス」、、、
    スマフォでラップタイムを確認しながらライブビューを食い入るように見入っていたFP走行も「ながら視聴」になっています。
    期せずして生じた、いずれ現実となるdoctor不在のMotoGP週末の空虚感を感じています。
    信者と呼ばれる事も厭わず彼の一挙手一投足を残された時間の中で見守り続けてゆきたいと改めて思っています。
    まずは回復してGPサーカスに戻る事を待ってます。

  8. ジョルジョ99 より:

    今更ながらだけど、27と26と99のゼッケンが見れなくなり、出場連続記録途切れた時以来だけど、今回は46も走って無いとね、さすがに淋しい感じ、救いはバレが陽性だけど元気な事です。

  9. V32R より:

    早く帰ってきて欲しい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP